とってもびっくり!重曹を使ったお掃除できれいになる場所ベスト5!

重曹
これさえあればどんな汚れもお手の物…という魔法の粉、ご存知ですか?

それは「重曹」。

炭酸水素ナトリウムです。

魔法の粉、重曹には3つの特徴があります。

(1.研磨作用)
重曹はとてもとても小さな結晶です。
傷つけたくないガラスや金属をきれいにするのに最適です。

(2.中和作用)
重曹はアルカリ性。
酸性の汚れを中和して落とすことができます。
汚れだけでなく、臭いや水の成分、胃酸過多が原因の胃もたれを中和します。

(3.軟水作用)
硬水に含まれているミネラルを包み込んで「擬似軟水」を作り出します。
お風呂に入れると肌あたりが柔らかくなったり、洗濯物の汚れ落ちを良くしたり、豆類を柔らかくしたり…と用途は豊富。
美肌効果のある温泉の泉質は炭酸泉・弱アルカリ性が多いですね。

この3つの特徴をうまく組み合わせて使うと、いろいろな場所の汚れをすっきりきれいに落とせるんです。

重曹でどんな汚れが落とせるんでしょう?

今回は重曹を使ってきれいになる場所とポイントについてまとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、とってもびっくり!重曹を使ったお掃除できれいになる場所ベスト5!についてお伝えします。


とってもびっくり!重曹を使ったお掃除できれいになる場所ベスト5!

 

【その1.油汚れは重曹にお任せ】


重曹が大活躍間違いなしの第一の場所はキッチンです。

キッチンで大活躍の重曹の特徴は(1.)、(2.)の組み合わせ。

重曹は、水に溶かすとアルカリ性になります。

アルカリ性は酸性の汚れを中和して効果的に落としますが、キッチンの油汚れは、まさに酸性の汚れなのです。

キッチンでの重曹の効果的な使い方を見ていきましょう。

<食器のつけ置き洗いに…>

食べ終わった食器をつけ置きしてから洗う場合、食器を浸す容器にはお湯を張り、重曹を入れておきましょう。

重曹はお湯に溶かすと強めのアルカリ性になります。

食器についた汚れをお湯の力とお湯の力で浮かして、食器洗いを楽にします。

※重曹水溶液の作り方=お湯1Lに対して重曹大さじ4を溶かす

<ガス台の汚れに…>

ガス台のこびりついた油汚れを落とすのにも重曹は大活躍です。

重曹にお湯を少し混ぜて作ったペーストを汚れに乗せて、ぼろ布などで軽くこすってみてください。

汚れがするすると落ちます。

汚れが頑固な時には緩めのペーストを汚れの上に乗せて上からラップで覆って5分ほど置いておくと、スルリと汚れが落ちます。

<換気扇の汚れに>

換気扇のフードはガス台と同じ。

ペーストで落とします。

ファンなどのはずせる部品は、熱湯で作った重曹水溶液につけておくと、汚れが浮きます。

重曹ペーストは研磨性があるので油汚れだけでなく、茶渋やガラスのコップの曇りもきれいに落とします。
 

【その2.湯垢や石鹸カスには重曹+酢】


お風呂場の汚れ、白く硬くうろこ状になったもの、ネト~~っとしたこびりつき、思い当たりませんか?

この汚れの悩みは「石鹸カス」。

この石鹸カスは石鹸と水道水のミネラル分が反応して、脂肪酸カルシウムや脂肪酸マグネシウムになったもの。

また、ほこりや体の汚れなどが固まったもの。

これにも重曹が効果的です。

ゆるいネト~~っとした汚れなら、重曹をペースト状にしたもので簡単に落とせます。

でも、白く硬くなった汚れには重曹だけでは対抗できません。

そんなときには、酢の出番です。

酢にはカルシウムなどの白くこびりついた汚れを捕まえる効果があります。

酢で浮かした汚れを重曹の研磨効果できれいに落とすことができます。

浴槽や洗面器、お風呂椅子の湯垢汚れにも酢+クエン酸が効果的。

湯垢は実はアルカリ性の汚れ。

重曹はアルカリ性なので、直接的には効果が届きません。

まず、汚れに酢水をスプレーなどでかけて汚れを柔らかくします。

柔らかくなった汚れを重曹ペーストで軽くこすると、簡単に落とせます。

酢水は、洗面器1杯のお湯に大さじ1程度で効果がありますが、頑固な汚れにはしっかり使ってもOKですよ。

汚れを落とした後は水できれいに洗い流しましょう。

とっておきの方法は、重曹を入浴剤として使うこと。

軟水作用で、肌あたりの柔らかいお湯になり、湯船へ汚れがこびりつくのを防止してくれ一石二鳥です。
 

【その3.トイレの便器もピカピカに】


トイレ掃除でも重曹が大活躍。

何といっても重曹の持つ「消臭効果」はトイレには欠かせません。

そして、汚れが目立つ便器や便器周りの床に重曹の粉を振りかけて、まず臭いを吸着させましょう。

黄色くついたシミは、尿の中のカルシウムなどが固まってできた汚れ。

重曹の持つ研磨効果でこすって落とします。

日常のお手入れには、重曹+酢が効果的。

便器の中に重曹の粉を振りかけ、その上から酢をかけるとシュワシュワ発泡し汚れを浮かせてくれます。

そのまま15分ほど置いてトイレを流せばすっきりきれいです。

ごしごしこすり洗いは必要ありません。

また、トイレのタンクに1カップの重曹を入れて一晩置きます。

翌朝そのまま流せば、タンクの中はすっきりきれい、便器も重曹の水溶液でお掃除できます。

重曹は消臭効果が高いので、かわいい容器に入れてトイレに置いておけば消臭剤になります。

お気に入りの香りのエッセンシャルオイルを垂らしておくと消臭芳香剤になりますね。消

臭剤に使った炭酸はそのまま掃除に利用出来ます。

【その4.入れて流すだけ排水溝にも重曹効果】


排水管の嫌なにおいと汚れにも重曹は効果的。

排水溝の汚れは石鹸カスと油汚れがメイン。

そんな汚れには重曹+塩で対抗しましょう。

重曹と塩を合わせると、重曹のみの時に比べ強いアルカリ性になっていて、より汚れに強力に働くのです。

排水溝に重曹と塩を1:1に混ぜたものをふりかけ、熱湯を注ぎます。

お湯が少ないと重曹と塩が固まってしまうし、お湯が多すぎると汚れを落とす前に流れて行ってしまうので、加減が必要。排水溝に重曹と塩が張り付くくらいの量に加減してください。

そのまま一晩おいて、熱湯で洗い流すと、汚れと臭いがすっきり落ちます。

【その5.水周りだけじゃない。布にだって効果大】


その1からその4まで、水周りの掃除を見てきました。

でも、重曹の効果は水回りだけじゃないんです。

家の中を見回してみましょう。

なかなか洗えない布モノってありませんか?

カーペットにソファ、ぬいぐるみ…そういったものにも重曹は効果的なのです。

<絨毯の汚れには>

(1.重曹水を使う)
汚れに重曹水溶液をスプレーして、乾いた雑巾でふき取ります。

とんとん叩いて汚れを雑巾に移すつもりでふき取りましょう。

乾いた後毛並みが硬くなったときにはブラシで毛並みを整えながらゆるくドライヤーを当てるとふんわり感が戻りますよ。

(2.重曹を粉のまま使う)

カーペットの上に重曹を満遍なく振りかけ、ゴム手袋をした手などでごしごしと炭酸を揉み込むようにしてこすりつけます。

そのまま1時間~一晩おいておいて、毛並みに逆らうように満遍なく掃除機で吸い取ります。

すると、汚れやにおいがすっきりきれいになります。

ごしごしこすりつけた炭酸がみるみる灰色になっていって「掃除している」という実感がわきますよ。

この方法は、ソファやぬいぐるみなどにも効果的。

ぬいぐるみは重曹を振りかけて置いておくのが難しいので、ぬいぐるみと炭酸を一緒にビニール袋に入れて満遍なくまぶすと効果的ですね。
 

まとめ

とってもびっくり!重曹を使ったお掃除できれいになる場所ベスト5!

【1.油汚れは重曹にお任せ】
 キッチンの油汚れは、酸性の汚れです。アルカリ性の重曹がよく効きます。

【2.湯垢や石鹸カスには重曹+酢】
 汚れに酢水をスプレーなどでかけて、柔らかくなった汚れを重曹ペーストで軽くこするとよく落ちます。

【3.トイレの便器もピカピカに】
 重曹の消臭効果と研磨効果でトイレのお掃除にも有効です。

【4.入れて流すだけ排水溝にも重曹効果】
 排水管の嫌なにおいと汚れにも重曹は効果的。
 排水溝の汚れは石鹸カスと油汚れがメインです。重曹+塩で対処しましょう。

【5.水周りだけじゃない。布にだって効果大】
 重曹水や粉で、絨毯やカーペットの掃除にも有効です。

いかがだったでしょうか。

最近、重曹はエコでお手軽な道具として注目されています。

もともと料理屋お菓子作りに使うものでもあるので、安心だし、排水溝にはがしても自然に影響を与えません。

そして価格も手ごろで家計にもやさしく、使い方はいろいろ。

今回はほんの5つの紹介でしたが、工夫すればもっともっと用途の幅は広がるはず。

重曹を使っていろいろな場所をきれいにしてみてくださいね。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind