とっても簡単!お部屋がきれいになる引き出し収納5つのコツ

引出

モデルルームやホテルのお部屋に憧れてインテリアに凝ってみたものの、どうしても生活臭が拭えない、なんとなく散らかっている・・・というお悩みは尽きないもの。

その原因は、壁紙などの内装の出来栄えや配置する家具のセンスなどよりも、日々使う生活用具や小物が視界に入ってくることなのです。

モデルルームやホテルのお部屋のようなスタイリッシュさ、すっきり感を維持するのに、引き出しをうまく利用する、引出し収納は重要です。

そこで今回は、引き出し収納のコツについてまとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、とっても簡単!お部屋がきれいになる引き出し収納5つのコツについてお伝えします。


とっても簡単!お部屋がきれいになる引き出し収納5つのコツ

 

【その1.各部屋の、はみ出しものを把握しましょう】


お部屋に生活臭や乱雑感をもたらすのは、日常生活を送っている際に、お部屋のそこここにはみ出して視界にはいってしまう「はみ出しもの」達です。

「はみ出しもの」と言うと聞こえが悪いのですが、いつも片づけてもらえる居場所さえあれば、それらはより、生活を便利にする大切なものたちということになるのです。

いきなり引き出しを用意するのではなく、日常、お部屋にどの程度の「はみ出しもの」が存在するのかを把握することが大切です。

例えば、リビングの場合、リモコン類やティッシュの箱、雑誌、メガネ・・・リビングで遊ぶ子供のおもちゃや、帰宅してリビングでくつろぐご主人の趣味のグッズなどということもあるでしょう。

それらを一度、お部屋の中心に集めて並べてみます。

そして、お部屋のなかでも、例えばテレビ周り、ソファの近く、壁沿い・・と、どの区画に収納してあれば取り出しやすいか?によって、分けていきます。

例えば、子供のおもちゃとお裁縫箱などのように一見異質なもの同士でも、「最適な場所」ごとに分類します。

「取り出しやすい」ということは、イコール「片づけやすい」ということです。

各自が取り出したものを使った後に片づける習慣をつけるためにも大切なことなのです。

そして、大体の「はみ出しもの」の量や、最適な場所が決まれば、それぞれの場所に、引き出しを用意します。

【その2.既存のものを利用しましょう】


お部屋の中の設備に引き出しがない場合、引出しつきの収納家具を買うのが、最も簡単な方法です。

それぞれの場所の空きスペースの寸法と、「はみ出しもの」の容量を測って家具を配置すれば、引出し収納の三分の一ないし半分は完成です。

ただ、初めて引出し収納に挑戦するという場合、生活をしながら柔軟に変更するほうが良いことを考えると、既にある家具や、お安く手に入るグッズで引出し収納を始めてもよいでしょう。
 
例えばリビングの場合、本棚や飾り棚など、「棚」が設置されていることが多いことでしょう。

この棚に、簡単に引き出しを設置してみましょう。

小型の引出し収納ケースを、棚の中にはめ込む方法が最も簡単です。

棚の高さが十分ではない場合、事務机の上に置くために売られている、3段程度の引出しケースを1個ないし2個、上下に重ねて置くこともできます。

もしくは、3段の引出しケース1個を置いた上に、取っ手付きのかごや箱をはめ込めば、上段にかさの大きいもの、下段に小さめのものを収納できる引き出しができます。

また、簡単な作業が苦でなければ、棚の高さにフィットした厚さ1センチ程度の合板を、引き出しの幅にあわせて、縦に棚に取り付けます。

その板の間に、蓋と取っ手のがついている箱を重ねれば、お好きな幅・高さの引き出しが出来上がります。

左右の板の間に、さらに板を渡せば、上下に重なった箱をいちいち取り出す手間が省けます。

このとき、箱は100円均一で売られている箱でも、デザインが素敵な靴箱でもよいでしょう。

プラスチックや籐でできたかご等を利用すれば、中身がわかりやすく、見た目にもカラフルにもナチュラルテイストにもできるため、インテリアとしてもお勧めです。
 

【その3.仕切りは、可動式に】


引出し収納の大きなメリットのひとつに、「一目瞭然」ということがあります。

一目瞭然であることは、さらに取り出しやすいこと・片づけやすいこと・収納の習慣が身につきやすいことにも繋がる大切な点です。

一目瞭然にするために、大きな役割を果たしてくれるのが「仕切り」です。

収納するものの大きさや量によってうまく仕切っておけば、片づける際にも、どこへ置けばよいのか分かり易いのです。

ただ、きっちりと区切ってしまうと、日々引き出し収納を行っていく中で、より便利に変えていくということが難しくなる場合があります。

そこで、最初は、あえて仕切りを設けず、それぞれ収納するものを引き出しよりも小さな箱やかごに入れ、その箱・かごごと、引き出しにはめ込みましょう。

例えば、シュシュなどのアクセサリーなどの引き出しの場合、季節ごとや色・テイストごとに小分けしておき、その時々で箱・かごの位置を奥・手前と移動させれば、一目瞭然である上に、常に取り出しやすく片づけやすい引き出しとなるのです。

とりわけ、奥・手前に分けることで、忙しい朝に、引き出しを全て引き出さなくても、ぱっと好みのものを手にすることができます。

そして、ほこりに弱いもの・デリケートなものは、蓋付きの小箱やピルケースを引き出しにはめ込むとよいでしょう。

また、カットして使う仕切り板が、サイズ・材料も様々に売られています。

価格も安いので、まず引出し収納を始めた時点で必要な大きさにカットし、組み合わせて収納してみましょう。

クローゼットの中のTシャツや肌着の収納にも、引き出しは活躍します。

Tシャツや肌着を引き出しにしまう場合は、引き出しの中に上下に積み重ねるのではなく、本やCDのように、立ててしまうのがコツです。

そうすれば、取り出したいものをさっと取り出せる上、なにが収納されているか上から一目瞭然のため、いつもつい同じものばかりを着てしまう、ということもないのです。

その立てる収納に欠かせないのが、仕切りです。

衣類はそのままでは立てることができず、量が少ない時はしわの原因になります。

そこで、前述の仕切り板をカットして組み合わせて利用することもよいでしょう。

また、意外と便利なのが、ブックスタンドを仕切りに利用することです。

ブックスタンドは鉄製のシンプルなもので十分です。

ブックスタンドは、仕切りを固定せずに、かつ衣類が崩れないように支えてくれますし、色違いのブックスタンドを、衣類のアイテムごとに間に挟めば、ひとつの引き出しでも複数のアイテムを効率よく収納できます。

【その4.目印をつける】


引き出し収納がはかどると、お部屋がすっきりする反面、増えた引き出しの、どこに何を収納したのか、どこに収納すればよいのかがわからなくなるデメリットも起きがちです。

わからなくなれば面倒くさくなり、結局はせっかく居場所を得たアイテムたちが、再び「はみ出しもの」に降格してしまうことになります。

そうしたことを防ぐ最良の方法は、どの引き出しに何が収納されているか、目印をつけることです。

子供部屋の場合、子供が収納する習慣を楽しくつけるためにも、ラベルにアイテムの種類や名前を書いて引き出しにはる、ということが良いでしょう。

より年長の子供や、文字を書いたラベルが格好悪いという場合は、そのアイテムや持ち主ごとにテーマカラーを決めて、テーマカラーごとに引き出しに色をつけたり、引き出しにテーマカラーのリボンなどをトッピングしてもよいでしょう。

「ブルー=事務関係、テープやハサミ等」といったように、使用する誰もがイメージしやすいテーマカラーを考えれば、感覚的に出し入れが楽になります。

また、引き出しの材質やテイストで誰のものか、どのようなジャンルのアイテムなのかがわかるような、目印のつけ方もあります。

さらに、お部屋を使用する人にとって、最も手が伸ばしやすい場所、たまにしか取り出さない場所等と、「場所」を分けることでも、目印になります。

【その5.こんなところにも引き出し収納!すき間を利用しましょう】


引き出し収納というと、引き出し付き家具や、前述のように棚に設置するなど、という方法だけを考えがちです。

しかし、引き出し収納の良さは、あらゆる隙間に引き出しを置ける、収納できるという点にもあります。

引き出しは、ある程度の高さ・奥行さえあれば、どこにでも設置できるものです。

例えば、対面式キッチンのカウンターの下に後付けで収納家具を置く場合、カウンターと家具との間に隙間があれば、それは価値あるデッドスペースです。

事務机の引き出し用の薄いトレイや、ちょっとしたお菓子の薄い箱など、隙間にあわせて差し込めば、トータルでは意外に大きな収納スペースを確保することになります。

また、リビングのテーブルの天板の裏に、事務用の書類トレイを取り付け、トレイにあう薄い箱を差し込めば、リモコン類をしまえる引き出しができます。

タオル掛けを2本取り付け、その間にトレイを渡して引き出しに利用するテクニックもあります。

ダイニングテーブルの天板の裏に引き出しをつくれば、いつも各席につく家族それぞれの箸やフォーク、ナプキンなどをしまうことができます。
 

まとめ

とっても簡単!お部屋がきれいになる引き出し収納5つのコツ

【1.各部屋の、はみ出しものを把握しましょう】
 お部屋に生活臭や乱雑感をもたらすのは、日常生活を送っている際に、お部屋のそこここにはみ出して視界にはいってしまう「はみ出しもの」達です。
 大体の「はみ出しもの」の量や、最適な場所が決まれば、それぞれの場所に、引き出しを用意しましょう。

【2.既存のものを利用しましょう】
 本棚や飾り棚など、既存の「棚」に、簡単に引き出しを設置してみましょう。
 小型の引出し収納ケースを、棚の中にはめ込む方法が最も簡単です。

【3.仕切りは、可動式に】
 最初は、あえて仕切りを設けず、それぞれ収納するものを引き出しよりも小さな箱やかごに入れ、その箱・かごごと、引き出しにはめ込みましょう。
 その時々で箱・かごの位置を奥・手前と移動させれば、一目瞭然である上に、常に取り出しやすく片づけやすい引き出しとなるのです。

【4.目印をつける】
 ラベルにアイテムの種類や名前を書いて引き出しにはる、ということが良いでしょう。
 そのアイテムや持ち主ごとにテーマカラーを決めて、テーマカラーごとに引き出しに色をつけたり、引き出しにテーマカラーのリボンなどをトッピングしてもよいでしょう。

【5.こんなところにも引き出し収納!すき間を利用しましょう】
 引き出し収納の良さは、あらゆる隙間に引き出しを置ける、収納できるという点にもあります。
 引き出しは、ある程度の高さ・奥行さえあれば、どこにでも設置できるものです。

いかがだったでしょうか。

引出し収納が上達していくと、小物の収納のコツがつかめるため、収納全体のテクニックが上達します。

生活小物を「はみ出しもの」ではなく、生活を便利にする大切なものたちとして扱うことで、それぞれのものを、より長くより良いコンディションで利用することができます。

日常生活のなかで、無理せず少しずつ、ご自分・ご家庭ごとにフィットした引出し収納術を活用しましょう。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind