主婦力アップで健康家族!トイレのお掃除7つのポイント

トイレ掃除

トイレのお掃除ってなかなか大変ですよね。

でも毎日お世話になる場所だから、いつも気持ちよく使うためにも清潔に保ちたいものです。

今回はそんなトイレのお掃除について、7つのポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、主婦力アップで健康家族!トイレのお掃除7つのポイント!についてお伝えします。


主婦力アップで健康家族!トイレのお掃除7つのポイント!

 

【1.便器の内側】

 
便器の内側には、黄ばみやピンク色の汚れ、尿石などがつきます。

これらには、酸性とアルカリ性、2種類の汚れが混じっています。

アルカリ性の汚れは、「塩素系」漂白剤、と書かれたものを使って落とします。

カビキラー、ドメスト、強力ハイターなどがそうです。

日常的にはこちらを使って汚れを落とすのがよいでしょう。

ですが、汚れが落ちにくくなってきた場合は、尿石とよばれる結晶化した汚れが原因であり、サンポールなど、パッケージに「酸性」と書かれた洗剤を使って落とすのがよいとされています。

注意すべきは、これら2種類の洗剤は、混ぜると有毒なガスが発生するということ。

決して一緒に(同時に)使ってはいけません。

片方のタイプの洗剤は完全に洗い流してから、もう片方のタイプの洗剤を使うようにしましょう。

【2.ウォシュレット】

 
ウォシュレットがついているトイレでは、センサーやノズルの先端などは、ときどき汚れ具合をチェックして、掃除するようにしましょう。

水ぶきするか、トイレクイックルなどの使い捨てお掃除シートを使うとよいです。

無理な動作をさせると壊れてしまいますので、説明書をよく読んでお掃除しましょう。

また、ウォシュレットは電気製品ですので、コントローラー周辺は、ホコリをとって、アルコールスプレーなどでさっと汚れをふきとるとよいです。

リモートタイプの場合はコントローラーの電池がきれていないかどうかの確認もしておきましょう。

【3.水回り・タンク】

 
タンクの周辺にはホコリがつき、水受けには水アカやヌメリがつきます。

ホコリはさっと拭いて落としてやればよいですが、水アカやヌメリはなかなか思うように落ちません。

しっかり落とすには、クレンザーなどを使うか、目の細かい紙やすりなどを使うしかありません。

また、実は、タンクの中が意外と汚れているものですが、タンクのふたは簡単に外れるタイプと外せないタイプがあります。

前者であれば、中の掃除はそんなに難しくありません。

止水栓をまわして水をとめたあと、水を流してタンクを空にし、蓋を外して、ブラシやなどで、きれいに汚れを落としましょう。

後者の場合は掃除をするのはかなり大変ですので、市販のタンクにポンと入れるだけの洗浄剤を使うか、コップ半分程度の液体漂白剤を流しこんで、しばらく放置したあと、水を流すようにしましょう。

【4.かべ・ゆか・便器の外側】

 
便器や壁の床にちかいところや床には、カビ、汚れが飛び散ったハネ汚れなどがつきます。

ハネ汚れは、いやな臭いの元にもなりますので、なるべく放置せず、こまめに掃除するようにしましょう。

雑巾で拭いてももよいですが、使い捨てお掃除シートを使うと非常に便利です。

便器の蓋の内側や、便座の下側もよく汚れる場所ですので、こちらも忘れないようにお掃除しましょう。

【5.照明・換気扇】

 
照明のまわりや換気口のフィルター部分はホコリがよく溜まる場所です。

これらの場所には、ホコリ以外の汚れはほとんどなく、お掃除も難しくないと思われますので、定期的にきれいにしましょう。

できれば、換気扇そのものも、年に一度くらいは掃除しましょう。

おそらく簡単には外せない構造のものが多いので、無理に外さず、乾いた古い歯ブラシなどでホコリを落としてあげるとよいです。

【6.道具類】


トイレ掃除ではトイレブラシ、使い捨てお掃除シート、ゴム手袋などを日常的に使います。

このうち、トイレブラシは、便器の内側のフチの裏まで洗えるよう、カーブした構造になっているものだと使いやすいです。

ほかにも、ちょっと床や便器まわりのホコリをとったり、アルコールスプレーを吹き付けたところを拭いたりするのに、使い古しの布類があると便利です。

古くなった綿製品などを適度な大きさに切って準備しておくとよいですね。

また、掃除用の洗剤は、取り扱いに気をつけたいものですので、高いところにはおかないようにしましょう。

また、使用後は必ず、蓋がきちんとしまっていることを確認しましょう。

【7.カバー類】


便座カバーを使っている人は、こまめに取り換えましょう。

洗濯機で他のものといっしょに洗うのはちょっとためらわれますよね。

そこで、バケツを使って、中性洗剤につけおきし、手洗いするのがおすすめです。

習慣をつければ、そんなに苦にはなりません。

便器の蓋や足元のマットを使っている人は、こちらも定期的に洗うようにしましょう。

ただし、足元のマットは汚れの度合いがわかりにくくなったり、かえって汚れを放置する原因になりかねませんので、あまり使わないほうがよいかもしれません。

トイレ用のスリッパの底は毎日拭くようにしましょう。
 

まとめ

主婦力アップで健康家族!トイレのお掃除7つのポイント!

【1.便器の内側】
 日常的には「塩素系」漂白剤、と書かれたものを使って汚れを落とすのがよいでしょう。

 尿石とよばれる結晶化した汚れは「酸性」と書かれた洗剤を使って落とすのがよいとされています。

 注意すべきは、これら2種類の洗剤は、混ぜると有毒なガスが発生するということ。

 決して一緒に(同時に)使ってはいけません。

 片方のタイプの洗剤は完全に洗い流してから、もう片方のタイプの洗剤を使うようにしましょう。

【2.ウォシュレット】
 センサーやノズルの先端などは、ときどき汚れ具合をチェックして、掃除するようにしましょう。

 コントローラー周辺は、ホコリをとって、アルコールスプレーなどでさっと汚れをふきとるとよいです。

【3.水回り・タンク】
 タンクの周辺のホコリはさっと拭いて落としましょう。

 水アカやヌメリは、クレンザーなどを使うか、目の細かい紙やすりなどを使いしっかり落としましょう。

【4.かべ・ゆか・便器の外側】
 ハネ汚れは、いやな臭いの元にもなりますので、なるべく放置せず、こまめに掃除するようにしましょう。

【5.照明・換気扇】
 ホコリ以外の汚れはほとんどなく、お掃除も難しくないと思われますので、定期的にきれいにしましょう。

【6.道具類】
 トイレ掃除ではトイレブラシ、使い捨てお掃除シート、ゴム手袋などを日常的に使います。

 ちょっと床や便器まわりのホコリをとったり、アルコールスプレーを吹き付けたところを拭いたりするのに、使い古しの布類があると便利です。

【7.カバー類】
 便座カバーを使っている人は、こまめに取り換えましょう。

 バケツを使って、中性洗剤につけおきし、手洗いするのがおすすめです。

いかがでしたか?

トイレ掃除もまめに手をかけることが、らくに清潔なトイレを維持する近道です。

また、できれば使った人がその都度、汚れをチェックして、トイレットペーパーなどで汚れを軽く拭いておくと、みんなが気持ちよく使えます。

きれいなトイレで気持ちのよい生活を送りましょう。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind