大掃除で断捨離実践!良い年を迎えられる7つのステップ

断捨離6

年末の大掃除は大変!

でも思い切ってお部屋の断捨離をするチャンスでもあります。

ゆとりのある空間で、すっきりとした気持ちで新年を迎えられたらよいですね。

今回は、大掃除で断捨離を実践するための7つのステップについてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、大掃除で断捨離実践!良い年を迎えられる7つのステップについてお伝えします。


大掃除で断捨離実践!良い年を迎えられる7つのステップ

 

【1.まずはスケジューリング】

 
とりかかりは早いに越したことはありませんが、あまり早く始めても疲れてしまったり飽きたりしてしまいます。

まずは、ゴミの日カレンダーとにらめっこしながら、いつ、何をやるか、というスケジュールを決めましょう。

特に、大型のゴミなどは、いつでも捨てられるわけではありませんので、注意が必要です。

特定の家電製品など、最寄りのゴミ捨て場で処理できないようなものもあります。

その地域で定められた処理方法や業者さんについて、前もって調べておきましょう。

【2.完成予想図をつくろう】

 
作業をいったん始めてしまうと、最初は勢いがよくても、結局中だるみしがちになります。

何となくまだやることはあるような気がするけどだらだらとやったりやらなかったりする状態が続いてしまう。

そんな人は、断捨離を始める前に、「こんな風な部屋にしたい!」というイメージを描きましょう。

この場所は通りやすくしたい、引き出しがすっと開くようにしたい、扉をスムーズに開け閉めしたい、本が本棚からはみ出さないようにしたい、ここに物が無くなれば私の大好きなものが飾れる…。

細かすぎるToDoリストにうんざりしてしまうタイプの人は、そんな完成予想図を実際に絵にしてみるのもおすすめです。

【3.基本は捨てる!】

 
断捨離の基本は捨てる、とにかく捨てることです。

自分の持ち物について、要るものと要らないものを仕分けします。

そして要らないものは処分します。

捨てるだけでなく、売ったり、ひとにあげたりしても勿論OK。

でも、その作業のタイムラグに気持ちがなえてしまうこともあります。

スピードを重視したい人は、不要な物はとにかくガンガン捨てましょう。

【4.捨てるかどうか迷ったら?】

 
そうはいっても捨てるかどうか迷ってしまうもの、たくさんありますよね。

思い入れのあるもの、高いお金を出して買ったもの、全然着る機会がないけどお気に入りの服や靴、やる暇のないゲームや読む暇がない本、とりあえずコレクションしているもの…。

必要かどうかの基準は「今の自分の生活に必要かどうか」。

もしそれが自分の心の支えになってくれるようなものだったら無理して捨てる必要はありませんし、それは要るものです。

ここで問題なのはそれが微妙なラインにあるものたち。

それらは、まとめて、箱に詰め、その箱にマジックで「賞味期限」を書きましょう。

目安は1~2年くらい。

一度も箱を空けて中のものを取り出さなかったら、その中のものは処分しましょう。

優柔不断な人は、思い切って中を見ずに捨てるルールにしましょう。

【5.実行あるのみ】

 
やることがいっぱいあると、何から手をつけてよいやら。

いっぱいあるとそれだけでもう、うんざりしてしまいます。

実は、片付けやお掃除にも、それ用の”体力”が必要です。

普段トレーニングをしていない人がいきなり42.195kmを走れないように、いきなり年末の断捨離に取り組むと、途中でバテバテになってしまいます。

それというのも「捨てる」ことにはたくさん頭を使いますし、たくさん決断をしなくてはならないからです。

でも1つ1つ着手して、1つ1つ片付けていけば、必ずちゃんと終わります。

自分を信じて実行あるのみ!

無理やり自分のテンションを上げる音楽をかけたりするのも効果的。

頑張って達成感を味わいましょう。

【6.協力者をつくってもOK】


私は毎年大掃除は途中で挫折してしまう、毎年同じことを繰り返してしまう。

それがパターン化している人は、外からの刺激を上手に使うのもよいでしょう。

片付け上手な家族のメンバーがいたら、やり方やペース配分を真似してみましょう。

いつもきちんと片付いている部屋に住む友人がいたら、そのお部屋を見せてもらったり、コツを聞いたり、その人にお願いして喝を入れてもらうのもアリかもしれません。

【7.買い物上手になろう】


一度断捨離に成功したら、きっと自分のライフスタイルそのものも随分整理されているはずです。

もうこれを買わなくてもいいな、これはいくつぐらいあればいいな、という自分にとっての物の適量が把握できると思います。

あとは自分の欲望を上手にコントロールして、買い物をしすぎないこと。

本当に必要なものを必要な分だけ買う、買い物上手になることもまた、断捨離の一部です。

物を増やせば、またあの恐ろしい、面倒くさい、大掃除をやらなくてはならないのです。

 

まとめ

大掃除で断捨離実践!良い年を迎えられる7つのステップ

【1.まずはスケジューリング】
 ゴミの日カレンダーを見て、スケジュールを決めましょう。
 大型のゴミなどは、いつでも捨てられるわけではありませんので、注意が必要です。

【2.完成予想図をつくろう】
 細かすぎるToDoリストにうんざりしてしまうタイプの人は、完成予想図を実際に絵にしてみるのもおすすめです。

【3.基本は捨てる!】
 自分の持ち物について、要るものと要らないものを仕分けして要らないものはきっぱり処分しましょう。

【4.捨てるかどうか迷ったら?】
 まとめて、箱に詰め、その箱にマジックで「賞味期限」を書きましょう。
 一度も箱を空けて中のものを取り出さなかったら、その中のものは処分しましょう。

【5.実行あるのみ】
 1つ1つ着手して、1つ1つ片付けていけば、必ずちゃんと終わります。
 自分のテンションを上げる音楽をかけたりするのも効果的。
 頑張って達成感を味わいましょう。

【6.協力者をつくってもOK】
 いつもきちんと片付いている部屋に住む友人がいたら、そのお部屋を見せてもらったり、コツを聞いたり、その人にお願いして喝を入れてもらうのもよいでしょう。

【7.買い物上手になろう】
 自分の欲望を上手にコントロールして、買い物をしすぎないこと。
 本当に必要なものを必要な分だけ買う、買い物上手になることもまた、断捨離の一部です。

いかがでしたか?

断捨離はお部屋も自分の心も整理する作業です。

今年こそごちゃごちゃ部屋を脱出したいという人は、この7つのステップを実行して、スッキリした空間で、スッキリした気持ちで、新しい年を迎えましょう。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind