忙しいOLも週末にできる簡単ダニ退治7つの方法

ダニ退治_fig
ダニに刺されたこと、ありますか?

刺されたところが赤くなって、いつまでも痒くなり、嫌なものです。

直接刺されなくとも、ぜんそくやアレルギーの原因になったりして、何かと人間に悪さをするダニ。

今回はそんなダニを簡単に退治する方法について、まとめてみました。

敵を知ることが勝利への近道!ということで、ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、ダニについてちょっとだけ豆知識です。

【チリダニ】
・人を刺したり、血を吸ったりはしません。
・ですが、ダニそのものや、糞、死がいなどがアトピーやぜんそく、アレルギーの原因になります。
・餌は食べ物のカスや人の皮膚のカス。
カーペット、畳などの床面やソファー、クッション、布団、ぬいぐるみ、枕、ベットのマットレス、毛布などどこにでもいます。
・繁殖に適した環境:温度25~28℃、湿度60%以上
・1匹のメスは一生(約2カ月)のうちに、1日1~3個、50~80個ほどの卵を生みます。卵は約3~4週間で成虫になります。

【ツメダニ】
・鋭いツメで人を刺します。刺された人は皮膚に赤い湿疹ができ、痒みは1週間くらい続きます。
・餌はほかの小さなダニなどを餌にしています。畳や絨毯、布団などにいます。
・繁殖に適した環境:温度27~30℃、湿度70%以上。


ここからわかるポイントが3つあります。

・ダニは「人が快適な暖かさ」と「高い湿度」がそろった場所でよく繁殖します。

・チリダニはハウスダストアレルギーの原因になるだけでなく、ツメダニの餌にもなりますので、チリダニが増える → ツメダニも増える、という悪循環が起こります。

・ダニが卵を産んで、その卵が孵ってまた卵を産む、そのサイクルを考えると、ダニが増えるスピードは速いですね。
これが「こまめにお掃除」と言われる理由です。放っておくとダニはどんどん増えるのです。

さて、敵を知ったあとは退治法についてご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、忙しいOLも週末にできる簡単ダニ退治7つの方法についてお伝えします。


忙しいOLも週末にできる簡単ダニ退治7つの方法

 

【1.換気】

 
湿気が大好きなダニを退治するにはまず乾燥です。

週末だけでもしっかりお部屋を換気しましょう!

1か所ではなく、風が通るよう、2か所以上の窓を開けると短時間でよく空気が入れ替わります。

除湿機やエアコンの除湿機能を活用するのもよし!

カビ防止にもなります。

エアコンのフィルター掃除も忘れずに。

【2.布団乾燥機&掃除機】

 
布団乾燥機は定番中の定番ですが、効果があるからこその定番です。

高温で長時間、熱を加えることでダニにダメージを与えることができます。

しっかりかけたあとは、掃除機でダニを吸い取ってやるとより完璧です。

掃除機は、ダニフィルターがついているものがお勧めです(サンプル詳細は画像をクリック)。


同じ理屈で、衣類などは乾燥機にかけてやるとダニが高確率で死滅します。

【3.スチームアイロン】

 
アイロンのスチームを使うという方法もあります(サンプル詳細は画像をクリック)。


ダニのいそうな畳の隙間、マットレス、ソファの境目などにスチームを当ててやりましょう。

ただし、熱に弱い素材は痛めてしまうおそれがあるので注意しましょう。

ぬいぐるみのような面倒な形のものでも対応できるのがよいですね。

【4.ダニ退治用シート(粘着シート)】

 
粘着シートでしっかりダニを捕える方法のメリットは、ダニの死がいなどが飛び散らないことです。

たくさん仕掛けるほどダニが良く捕まります。

主に布団用として売られていますが、タンスの中や、ソファーの間、ベットの隙間など、取り付けたい場所にいろいろ設置してみましょう。

安くて効果抜群と評判です(サンプル詳細は画像をクリック)。


【5.防ダニスプレー】

 
これはダニを退治するもの(殺虫剤)ではなく、ダニを追い払って寄せ付けなくするためのものです(サンプル詳細は画像をクリック)。


ですので、即効性はありますが、まわりにダニの逃げ場があるなら、すぐにまたダニが増えてしまうかもしれません。

一時的な対処としてはよさそうです。

布団、カーペット、畳などに使用できますが、フローリングの床やプラスチック、革製品などには使用できない場合があるので注意しましょう。

【6.ダニ専用殺虫剤】


畳のなかにいるダニをやっつけるにはダニ専用殺虫剤です(サンプル詳細は画像をクリック)。


スプレーを撒いてしばらくすると苦しんだダニが表面に出てきますので、それを掃除機でしっかり吸い取ってしまいましょう。

ペットを屋内で飼っている人は、これがよいかも知れません。

【7.ダニを繁殖させない家財選び】


畳や絨毯、カーペットは、小さな食べ物のクズや人の角質が入り込む隙間がたくさんあります。

ダニにとってはごちそうの山。

畳を干したりケアする暇がない人は、フローリングの床を選んだほうがよいですね。

特に畳の上にカーペットなどを敷くのはダニにとってはパラダイスです。

ホットカーペットにはダニ退治機能がありますが、万能ではありませんので、ときどき床のほうも乾燥させて掃除機をかけましょう。
 

まとめ

忙しいOLも週末にできる簡単ダニ退治7つの方法

【1.換気】
 湿気が大好きなダニを退治するにはまず乾燥です。
 しっかりお部屋を換気しましょう。

【2.布団乾燥機&掃除機】
 高温で長時間、熱を加えることでダニにダメージを与え、ダニフィルター付きの掃除機で吸い取りましょう。

【3.スチームアイロン】
 ダニのいそうな畳の隙間、マットレス、ソファの境目などにスチームを当てましょう。

【4.ダニ退治用シート(粘着シート)】
 布団、タンスの中、ソファーの間、ベットの隙間など、ダニ退治用シートを設置してみましょう。

【5.防ダニスプレー】
 ダニを追い払って寄せ付けなくするための坊ダニスプレーを使用してみましょう。

【6.ダニ専用殺虫剤】
 スプレーを撒いてしばらくすると苦しんだダニが表面に出てきますので、それを掃除機でしっかり吸い取ってしまいましょう。

【7.ダニを繁殖させない家財選び】
 畳や絨毯、カーペットを乾燥させたりケアする暇がない人は、フローリングの床を選んだほうがよいでしょう。


いかがでしたか?

くん煙剤などは、噴霧する前の準備や後片付けが大変ですが、今回ご紹介したような、もうちょっとお手軽で効果の高い方法もありますので、是非、週末にでもお試しくださいね。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind