意外と簡単!換気扇のフィルター掃除のコツ5つの方法

イラスト2(換気扇)
換気扇の汚れ、皆さんはどのように掃除をされていますか?

換気扇の汚れはしつこい油汚れでなかなか取れません。

掃除をするのは面倒でついつい掃除が後回しになってしまっていませんか?

後回しにしたままにしておくと、汚れはたまる一方でますます取れなくなりますのでよくありません。

換気扇のフィルターは換気扇の中でも汚れやすい個所ですが、取り外しができますので掃除もしやすいです。

ですので、汚れがたまる前にこまめに掃除をすることをお勧めします。

そこで今回は意外と簡単にできる換気扇フィルター掃除のコツについてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、意外と簡単!換気扇のフィルター掃除のコツ5つの方法についてお伝えします。


意外と簡単!換気扇のフィルター掃除のコツ5つの方法

 

【方法1.重層で環境にやさしい掃除】


今の時代は洗剤の種類も豊富でどれを使って掃除をするか迷ってしまう程です。

そこで、まずは環境に優しい洗剤を使った掃除をしてみてはいかがでしょうか。

環境に良いと聞きますと、効果が弱く洗剤としての機能を期待できないのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、環境によい洗剤でも汚れは充分に落ちますのでご安心下さい。

重層を使った掃除の仕方で、まずはあまり汚れがこびりついていない場合です。

この場合は、まずは埃を軽く落とします。埃がついたまま掃除をしてしまうと埃が汚れに絡まってしまい掃除がしにくくなってしまいますので注意をしましょう。

埃を落としましたら、重層をフィルターに振りかけて古歯ブラシなどで洗います。

これで軽い汚れならば綺麗に落ちます。

しかし、頑固な汚れはこれでは落ちませんので、その場合には重層に水を混ぜてペースト状にしたものを使います。

この場合も同じようにまずはフィルターの埃を落とし、次に重層ペーストをフィルターに塗ります。

塗ってしばらく放置しておくと重層が汚れを吸い取り茶色になります。

そうなりましたら、古歯ブラシなどで洗います。

これで汚れは綺麗におちます。

どちらも重層を使い簡単に汚れを落とすことが出来ますのでぜひお試し下さい。

【方法2.粉石けんで汚れをぽろぽろにする】


粉石けんも重層ほどではありませんが、環境への負担もあまりなく使える洗剤です。

よって家に粉石けんがある方は粉石けんでの掃除も試してみてはいかがでしょうか。

粉石けんでの掃除方法は、まず粉石けんをフィルターに振りかけて、汚れと粉石けんをなじませます。

なじませると汚れがぽろぽろになります。

そのあとは裏面も同じように粉石けんをなじませて汚れをぽろぽろと落とし、最後に水で洗い流して終了です。

あっと言う間に汚れが落ちますし、シンクで掃除を行ったとしても汚れがシンクにこびりつくこともありませんので安心してシンクで掃除が出来ます。

【方法3.家にあるものでお手軽に掃除】


ここまでご紹介した方法は、重層や粉石けんといった環境に良い洗剤での掃除の方法でしたが、これらの洗剤が家にない方もいらっしゃると思います。

そのような方でも食器を洗う中性洗剤はお家にあるのではないでしょうか。

そこで、次は多くのご家庭にある中性洗剤を使った掃除方法をご紹介します。

まず、段ボールにゴミ袋をかぶせます。

段ボールがご家庭にない方はゴミ袋を二重にしても大丈夫です。

なぜ段ボールを使うかと言いますと、段ボールには保温効果があるからです。

そこにお湯と中性洗剤を入れかき混ぜまて、その中にフィルターを入れ数時間放置します。

そうしますと、油が浮いてきますのでお湯で濡らしたタオルなどでふき取ると汚れがおちます。

但し頑固な汚れはこれだけでは取れない場合がありますので、その部分には洗剤を含ませたキッチンペーパーを貼り付けで汚れを浮かせましょう。

中性洗剤は多くのご家庭にありますので、わざわざ換気扇掃除のために洗剤を購入しなくても良いので便利ですよね。

【方法4.小麦粉を使う】


また多くのご家庭にあるものという共通点でいえば、小麦粉を使った掃除の方法もあります。

小麦粉を使う場合は少々手間がかかりますので、洗剤が苦手であまり使いたくないという方などに良いかもしれません。

掃除方法は、小麦粉をフィルターに振りかけます。

しばらくすると小麦粉が汚れを吸い込み黄色くなります。

そうしましたら、使わなくなったカードなどで剥ぎ取ります。

小麦粉を掃除に使うことはなかなか思いつきませんので面白い方法ですね。

【方法5.使い捨ての外付けフィルターをつける】


ここまでは掃除方法についてご紹介しました。

これらの方法でせっかく掃除をしたからにはなるべく綺麗な状態を保ち掃除をする手間や回数は減らしたいものですよね。

そこで、換気扇フィルターに使い捨ての外付けフィルターを被せてはどうでしょうか。

外付けフィルターを被せているからといって全く汚れないわけではありませんが、被せていないよりも汚れにくくなることは間違いありません。

まとめ

意外と簡単!換気扇のフィルター掃除のコツ5つの方法

【方法1.重層で環境にやさしい掃除】
 埃を落とし、重層をフィルターに振りかけて古歯ブラシなどで洗いましょう。
 頑固な汚れは重層に水を混ぜてペースト状にしたものを使いましょう。

【方法2.粉石けんで汚れをぽろぽろにする】
 重曹に次いで、環境に優しくて効果的な粉石けんを使う場合、粉石けんをフィルターに振りかけ、汚れと粉石けんをなじませると、汚れがぽろぽろと落ちやすくなります。

【方法3.家にあるものでお手軽に掃除】
 お湯と中性洗剤を入れかき混ぜまて、その中にフィルターを入れ数時間放置します。
 浮いてきた油をお湯で濡らしたタオルなどでふき取ると汚れがおちます。

【方法4.小麦粉を使う】
 小麦粉をフィルターに振りかけて、しばらくすると小麦粉が汚れを吸い込み黄色くなります。
 使わなくなったカードなどで剥ぎ取ります。

【方法5.使い捨ての外付けフィルターをつける】
 使い捨ての外付けフィルターを被せて汚れにくくしましょう。


いかがでしょうか?

換気扇フィルターの掃除の方法は様々ありますので、ぜひ自分にあった方法で試してみて下さい。

掃除をする前は面倒でやる気がでないかもしれませんが、掃除をした後にはきっとスッキリした気分になれますよ。

コツをつかみ上手に簡単に掃除をして下さいね。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind