整理整頓できれいなお部屋!簡単実践5つのポイント

整理整頓

気がつくといつも何かものを探している、買ってきたものが重複している、そんなことはありませんか?

お部屋が普段からきちんと整理整頓されていれば、そういった時間的ロスや金銭的ロスを防ぐことができますね。

今回は、そんな整理整頓を実践するための5つのポイントについてまとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、整理整頓できれいなお部屋!簡単実践5つのポイントについてお伝えします。


整理整頓できれいなお部屋!簡単実践5つのポイント

 

【その1.減らす】


まずは部屋にある物の全体量を減らすことが第一。

大きなものから小さなものまで、自分の持っているものをひとつひとつチェックしましょう。

そして、いらないものは、「とりあえずどこかにしまっておく」のではなく、積極的に捨てましょう。

食べ物もそうですが、食べ物以外でも、物には「賞味期限」があります。

大切なもの、捨てられないもの、もちろんあるでしょう。

ですが、何年も使っていないもの。

いつか使うかもしれないけど実は使い方がよくわからないもの。

買った時は高かったけど今は既に使っていない、もっと新しいモデルも実は持っているなど。

見渡してみるといろいろあるのではないでしょうか。

物を捨てることで、部屋をゆとりを持って使うことができるようになります。

【その2.生活スタイルを見直す】


「捨てる」段階にもかかわってくることですが、今の自分の生活そのものをもっとシンプルにできるかどうか、というところが整理整頓のコツのひとつになります。

あれもやりたい、これもやりたい、あれも持っておきたい、これがないと不安、あちこちにアンテナを伸ばしていれば、それだけ物も増えます。

たとえば、趣味の道具。

たとえばスポーツグッズ。

本のコレクション。

好きな服だけど似合わない服、着ていくところがない服。

ハードディスクレコーダーがいつもいっぱいいっぱいだったりしませんか?

自分の生活を1週間、1か月単位で書き出してみましょう。

自由に使える時間はどのくらいありますか?

実際には、時間も空間も限られています。

今の自分の生活スタイルにおいて、本当にそこに投資する価値があるのかどうか、本当にそれをもっておく必要があるのか、しっかり見なおしてみましょう。
 

【その3.1つのコーナーは1つのルール】


自分が持っているものを分類し、それらの物の位置を決めましょう。

そして、決めたら必ずそこに戻します。

このルールを徹底させましょう。

自分に定着させるためには、いくつかの工夫をしておく必要があります。

たとえば、そのものを扱うのに、最も適した場所を選ぶこと。

そして1つのコーナーの中では1つのルールにしておくこと。

たとえば食材と洗剤が1箇所にごちゃごちゃに置かれてしまっては衛生的にもよくないし頭も混乱します。

○○置き場、は○○を使う場所のちかくに1つにまとめること。

小分けにしたものと在庫置き場を分けるのはOKです。

要は、何かを探したいときに探す場所が決まっていることとが大事だということです。

そうすれば、なくなったもの補充するときにも、すぐに残りの数量を確認することができ、「こないだ買ってきたのがあったのにまた買ってきちゃった…」なんてことも少なくなります。

また、(使わないけれど)思い出が詰まった大切なものなどは、なおさらにそれがどこにあるのか分かっていて、きちんと管理できてこそ、それを本当に大切にしているということになると思います。

【その4.見える化】


どこになにがあるかを把握するのが苦手な人は、「見える化」を採用しましょう。

収納ケースはなるべく透明または半透明のものにしたり、ラベルを貼って、どこが何置き場なのかが一目でわかるようにしましょう。

オープンな棚はオープンなままにして、目隠しなどはあまり使わないようにします。

「見せない収納」はお片づけ上級者になるまで我慢しましょう。

【その5.動線を考えたレイアウト】


片付けがそもそも楽になるような工夫のひとつに、動線を考えた部屋のレイアウト、というのがあります。

自分がよくつまづく場所はありませんか?

いつもあれをするときここが引っかかって嫌だなあ、という場所はありませんか?

これが取りだしにくいなあ。

ここはスムーズに通れない。

何かをどかさないと入口が開かない。

引き出しが完全に開かない。

そういう場所をひとつひとつなくして、スムーズに空間を使えるようにお部屋を変えていきましょう。

配置換えに行き詰ったら、1にもどって、物を減らすことをもう一度考えましょう。

このサイクルを繰り返していくと、だんだんすっきりと生活していけるようになります。
 

まとめ

整理整頓できれいなお部屋!簡単実践5つのポイント

【1.減らす】
 自分の持っているものをひとつひとつチェックして、まずは部屋にある物の全体量を減らしましょう。

【2.生活スタイルを見直す】
 自分の生活そのものをもっとシンプルにできるかどうか見直しましょう。

【3.1つのコーナーは1つのルール】
 自分が持っているものを分類し、それらの物の位置を決めましょう。

【4.見える化】
 収納ケースはなるべく透明または半透明のものにしたり、ラベルを貼って、一目でわかるようにしましょう。

【5.動線を考えたレイアウト】
 スムーズに空間を使えるようにお部屋を変えていきましょう。

いかがでしたか?

整理整頓は、ただ空いている場所にものをしまえばよいというものではなく、ものの数と場所を決めて、管理する、その繰り返しです。

最初はひとつひとつが大変かもしれませんが、継続は力なり。

続けていくうちにできるようになります。

きれいなお部屋への第1歩、整理整頓を続けていきましょう!



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind