整理整頓で片づけ上手!きれいなお部屋になる7つのアイデア

整理整頓

家の中がごちゃごちゃしていると、何となく気分が沈みますね。

外出先から戻って散らかった部屋を見ると、家に帰ってほっとするどころかため息をつきたくなってしまいます。

片付けても片付けても、すっきりしない部屋の中。

いつも整理整頓された部屋にするにはどうしたらいいんだろう…と、悩んでしまいますね。

実は部屋の整理整頓にはコツがあります。

そのコツを実践して、あなたも片付け上手になりませんか?

今回は、きれいなお部屋になる片付けのアイデアについてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、整理整頓で片づけ上手!きれいなお部屋になる7つのアイデアについてお伝えします。


整理整頓で片づけ上手!きれいなお部屋になる7つのアイデア

 

【1.片付ける理由を考える】

 
あなたが部屋を片付けるのはなぜですか?

片付けをしないと物が行方不明になるから、片付けをしないとお客様を呼べないから…いろいろな理由がありますね。

では、片付けをするとどんないいことがありますか?

部屋がきれいになる。

すっきりする。

気持ちがよくなる。

家へ帰るのが楽しくなる。

いつでもお客様を呼べる…これもいろいろありますね。

実は「片付けをするとどんないいことがあるだろう?」と思い浮かべることがポイントです。

きれいに整理整頓して片付けを始める前に、きれいになった部屋を思い浮かべてモチベーションをアップしてください。

「やらなくちゃならない」と義務感で取り組むよりも、「これをしたら、いいことがある」と楽しみながら取り組んだ方が、きれいが長続きする部屋になります。

すっきりきれいな部屋でくつろぐ自分を思い浮かべてください。やる気が出てきましたか?

【2.散らばったものを集める】

 
部屋が片付かない理由の一つに「物が出しっぱなしになっている」ということがあります。

整理整頓上手になるには、物を出しっぱなしにしないことがポイントです。

部屋中に散らばっているものを一か所に集めてください。

そして、集めたものを分別します。

①保管しておくもの
②用事がすんだら捨てるもの
③いらないもの

③のいらないものは、すぐに処分します。

③に分別されるものは、ポストに投函されていたチラシやダイレクトメール、買い物のレシートや期限切れのクーポン券などが多いと思います。

そういったものは一通り目を通したら、捨てるように習慣づけましょう。

それだけで整理整頓がぐっと楽になります。

【3.とりあえず…のスペースを準備する】

 
分別した中で「用事がすんだら処分するもの」は一番置き場所に困るものです。

そういった中途半端なものを入れておく「とりあえず」のスペースを準備しましょう。

請求書や、確認したいレシート、学校の提出書類や予定表など、一時的な保管が必要なものを入れておきます。

この「とりあえず」スペースは、油断しているといろいろため込んでしまう場所です。

出来れば毎日目を通して、終了したものは処分していくようにしましょう。

【4.物の置き場所を決める】

 
次は保管しておくものや雑貨の収納です。

収納の基本は「すぐに使えてすぐに片付けられる」ことです。

そのために、整理整頓が重要になってきます。

整理整頓の基本は「物の定位置を決める」ことです。

いつもきまった場所に置いておくと、使うたびに探し回ることがありません。

そして、物の定位置を決めるポイントは、「カテゴリ別に分ける」ことです。

例えば、何かメモをしたい時。メモ帳はこっちの引き出しにあって、ペンは向こうの棚の中…という収納だと取りに行くのに手間がかかりますね。

そういう無駄をなくすために、文房具はここ、本はここ、CDやDVDはここ…というように、似たような使い方をするものはまとめて収納しておきます。

もし、片付けた場所を忘れてしまっても、類似品の周りを探すだけで発見できるので、とても便利です。

【5.飾る雑貨はローテーションする】

 
キチンと片付けているはずなのに、部屋がごちゃごちゃして見えることはありませんか?

もしかすると、フォトフレームや飾りが原因かもしれません。

お気に入りの雑貨や、写真、好きな絵やポスター、自分で作った作品…どれも部屋に飾っておきたいものですね。

でも、それが原因で部屋がごちゃごちゃしてしまってはもったいないですね。

せっかくの雑貨や作品も輝いて見えません。

飾るものを減らしましょう。

定期的にテーマを変えて、そのテーマに合ったものだけをレイアウトするようにすると、部屋がすっきりします。

ちょっとした模様替えは気分転換になるし、部屋の雰囲気が変わるのを楽しむことができますね。

【6.収納スペースを増やさない】


収納が足りない…とスペースを増やすことはよくあることです。

でも、それが整理整頓出来ない原因になっていることもあります。

スペースを増やすと「まだまだ置いておける」というおかしな余裕が生まれてしまうのです。

そして余計なものをため込んでしまう…片付けしたいという気持ちに矛盾したことが起こってしまうんですね。

片付けをしていると「あれ?こんなもの持ってたかしら?」ということがありますね。

これは自分の管理できるスペースや物の量を超えてしまっていると起こりがちなことです。

収納スペースを把握して、その中に収まるだけのものを持つ…というのが整理整頓の基本です。

今ある収納スペースを有効に利用するためのポイントは二つです。

一つは、物があふれた場合には、処分すること、二つ目は、使うものだけ置いておくことです。

限られたスペースを上手に使うには、自分の管理できる範囲を知っておくことが大切ですね。

【7.買い物は吟味する】


片付けをしていると、買ったけど使っていない…というものが出てきますね。

使わないということは、その買い物が失敗だったということです。

整理整頓が苦手な人は、その買い物が失敗だった…とは考えません。

「いつか使えるはずだから置いておこう」と考えます。

すっきりとした部屋を目指すなら、その失敗を認めましょう。

失敗したと認めて反省すると、次の買い物は慎重になるはずです。

衝動買いをしてしまいそうなときには、5分考えてみてください。

「買ったとして、使うだろうか?」…と。

5分考えて、本当に欲しいもの、必要なものは購入しましょう。

迷ってしまうときには購入は見合わせた方がいいですね。

片付けが苦手な人は物を捨てるのをもったいないと思う傾向があります。

でも、本当にもったいないのは捨てることではなく、使わないものを持っている…ということなのです。

使わないものを買うことは、不要なものを増やし片付けの手間を増やしてしまうことにつながります。

不要だからと処分するのも胸が痛みますね。

「本当に必要なもの」だけ買うようにしましょう。

 

まとめ

整理整頓で片づけ上手!きれいなお部屋になる7つのアイデア

【1.片付ける理由を考える】
 「片付けをするとどんないいことがあるだろう?」と思い浮かべることがポイントです。
  きれいになった部屋を思い浮かべるとモチベーションがアップします。

【2.散らばったものを集める】
 部屋中に散らばっているものを一か所に集めて分別しましょう。

【3.とりあえず…のスペースを準備する】
 一時的な保管が必要なものを入れておくスペースを作りましょう。
 出来れば毎日目を通して、終了したものは処分していくようにしましょう。

【4.物の置き場所を決める】
 整理整頓の基本は「物の定位置を決める」ことです。
 いつもきまった場所に置いておくと、使うたびに探し回ることがありません。
 物の定位置を決めるポイントは、「カテゴリ別に分ける」ことです。

【5.飾る雑貨はローテーションする】
 飾るものを減らしましょう。
 定期的にテーマを変えて、そのテーマに合ったものだけをレイアウトするようにすると、部屋がすっきりします。

【6.収納スペースを増やさない】
 今ある収納スペースを有効に利用するためのポイントは二つです。
 一つは、物があふれた場合には、処分すること、二つ目は、使うものだけ置いておくことです。
 限られたスペースを上手に使うには、自分の管理できる範囲を知っておくことが大切ですね。

【7.買い物は吟味する】
 使わないものを買うことは、不要なものを増やし片付けの手間を増やしてしまうことにつながります。
 「本当に必要なもの」だけ買うようにしましょう。

いかがでしたか?

整理整頓のイメージは思い浮かびましたか?

この7つのコツを実践すると、まず、物があふれかえることはなくなるはずです。

見える場所に物が出ていないだけで、部屋はすっきりとして見えます。

また、掃除もしやすくなって、いつもきれいにしておくのが楽になります。

きれいに片付いた部屋で、ゆっくりくつろいでくださいね。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind