簡単片づけのコツで忙しい主婦も継続できる!お部屋がきれいになる5つのアイデア

部屋片づけ

部屋をきれいな状態にキープする作業は、毎日毎日やっても終わりがありません。

ですが、片付けのしやすい部屋づくりをすることで、作業はグッと楽になるはず。

今回は、そんなお部屋をきれいに片づけるコツについて、まとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、簡単片づけのコツで忙しい主婦も継続できる!お部屋がきれいになる5つのアイデアについてお伝えします。


簡単片づけのコツで忙しい主婦も継続できる!お部屋がきれいになる5つのアイデア

 

【その1.床からものをなくす】


床にものが置いてあると、そこに埃がたまりやすくなりますし、誰かがつまづくこともあります。

物の下にさらに物があったのに気付かず踏んで壊してしまったり、なにかとトラブルのもとになります。

とにかく床からものをなくすようにしましょう。

衣類や書類、雑誌、かばん、そういったものを所定の置き場に戻したり、洗濯かごに入れたり、ゴミ箱に入れたりして、床からものが無い状態にしましょう。

そうすると、掃除機をかけたり、モップをかけたりするのも楽で、あっという間に作業が終わります。

【その2.決まった位置に戻す】


使った道具や物は、かならず所定の位置に戻すようにしましょう。

この習慣を身につけるには、ものの置き場による色分け、場所分け、仕切り、ラベルづけなどが有効です。

たとえば、手が届きやすい高さのこの棚は、一番よく使う文具類、少し下は在庫置き場、一番下はちょっと重いから工具類、など、用途によってまとめましょう。

文具や工具などは、引き出しや箱にラベルを使い、場所を把握しやすいようにしておくと、使ったあと戻すときに迷いがありません。

また、家族がいる場合は、家族のメンバーごとに決まった色を使い、お父さんのものは青いコーナー、お母さんのものはピンクのコーナーなど、色と場所を使い分けるというのも一つの方法です。

「どこにおいていいかわからないからとりあえずここに置いておこう」というやり方は、判断と作業が先延ばしにされるだけで、結局は余計に面倒になり、散らかる原因になります。
 

【その3.ゆとりをつくる】


要るものと要らないものを分け、要らないものは貯めこまずに捨てましょう。

物が少なければ、片付けの労力も減りますし、片付けをするための収納グッズなども最低限で済みます。

タンスの引き出しを開けるとき、服があふれんばかりに入っていると、開けにくい、閉めづらい、だからちょっとイライラして、そのあたりにある椅子の上に洗濯ものを置いてしまう。

こういったことが積み重なって、部屋にモノがあふれていきます。

そもそも最初に、引き出しの中身にゆとりがあれば、さっと開けてスッとしまってパンと閉じれば終わり、だったはず。

普段から物が適量になるよう、気をつけておきましょう。

【その4.定期点検する】


「清掃」とは点検すること、という言葉があります。

ここでいう清掃は、掃除の仕方というよりも、物の状態を点検することを指します。

たとえば引き出しが壊れかけているのに気づかずに使い続ければ、どんどん不具合は大きくなるでしょう。

雑貨を入れっぱなしのカゴをひっくり返してみたら、ずっと探していたアクセサリが出てきた、なんてこともあるかもしれません。

だれかがちょっとした拍子にうっかり置いたものが、とんでもない場所から出てくることもあるでしょう。

そこで、場所ごとに定期的に点検する日を決めておき、整理や修理をしましょう。

また、定期点検をすれば、必要な物の量を把握するのにも役立ちます。

【その5.これだけはやる、ここまではやる】


毎日の生活をおくっていると、時にはトラブルもあります。

疲れが溜まってくることもあります。

そんなときに平常時と同じように家事を頑張りつづけなくてはいけない…

それでは、ますます疲労やイライラが溜まってしまいます。

そんなときのためにも、優先順位や家族内ルールをもうけましょう。

たとえば、「どんなに疲れていても、水回りだけはきれいにしよう、でも他は明日でもいいことにする」とか、「床にあるものは持ち主にことわりなく片付ける」といったようにです。

後者のような場合でも、個人のコーナーや居室などの、そのひとが責任を持つ場所までは持っていってあげる、あとはよろしくね、というルールにしておくとよいかもしれませんね。
 

まとめ

簡単片づけのコツで忙しい主婦も継続できる!お部屋がきれいになる5つのアイデア

【1.床からものをなくす】
 床にものが置いてあると、そこに埃がたまりやすくなりますし、誰かがつまづくこともあります。
 とにかく床からものをなくすようにしましょう。

【2.決まった位置に戻す】 
 使った道具や物は、かならず所定の位置に戻すようにしましょう。

【3.ゆとりをつくる】
 要るものと要らないものを分け、要らないものは貯めこまずに捨てましょう。
 タンスの引き出しにゆとりを作りましょう。

【4.定期点検する】
 場所ごとに定期的に点検する日を決めておき、整理や修理をしましょう。
 定期点検をすれば、必要な物の量を把握するのにも役立ちます。

【5.これだけはやる、ここまではやる】
 毎日の生活をおくっていると、時にはトラブルもあります。
 そんなときのためにも、優先順位や家族内ルールをもうけましょう。

いかがでしたか?

きれいなお部屋を楽に維持するためには、毎日100%の力で頑張るのではなく、毎日70%くらいでも片付くような部屋作りにしておくことが秘訣です。

そのためには、複雑なルールをたくさん作るのではなく、ここに挙げたような「簡単な」ルールをつくること。

毎日楽しく、きれいなお部屋で生活しましょう。



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind