苦手なお掃除をやる気になる簡単実践7つのアイデア!

やる気

やりたくないことや苦手なことをするのは、誰でも腰が引けてしまいます。

お掃除が苦手な人も少なくないと思います。

でもだからといって放っておいたら、部屋は散らかったまま。

汚い部屋では衛生的によくないし、どこになにがあるかわからないし、とにかくやらなきゃどうしようもありません。

今回は、お掃除が苦手な人でも簡単にやる気になる、7つのアイデアについてご紹介したいと思います。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、苦手なお掃除をやる気になる簡単実践7つのアイデア!についてお伝えします。


苦手なお掃除をやる気になる簡単実践7つのアイデア!

 

【その1.一番最初に手をつけることを決めておく】


お掃除に限りませんが、何か作業をはじめるとき、とくにそれが苦手なものであれば、最初に腰を上げる瞬間が一番大変ですよね。

そこでおすすめしたいのが、「必ずこれから手をつける」ことを決めておくこと。

たとえば、テーブルの上にあるものをとにかく全部なくす、床にあるものを全部どかす、など、自分が手をつけやすいことや、やり方がよくわかっていること、をとにかくはじめてしまうのです。

ジョギングなどでも着替えて靴を履いて一旦走り始めてしまえば、そのままなんとか走ってしまうもの。

そんな最初の一歩を決めてみましょう。

【その2.紙に作業リストを書く】


「本日のミッション」として最低限やりたいことを紙に書き出します。

あまり多すぎても大変なので、慣れないうちは1つでも2つでもかまいません。

目に見える形にすることが大事です。

ひとつの作業をすませたら、太いペンや赤ペンでザシュッと線を引いて「終わった」感を味わいましょう。

【その3.きれいな部屋を思い出す】


自力でもよいですし、人の手をかりてもよいので、一度部屋がきれいになったときに、その状態を写真にとっておきましょう。

だらしなくなるときは、だんだん散らかっていくので「このくらいいいじゃん」と思ってしまいがちですが、綺麗な時にはこんなだった、こんなに違うのか、というのを画像で確認すると、やる気が出ますよ。

【その4.ぜんぶ掃除のせい】


たとえば仕事に集中できないな、とか色々グタグタ悩んでしまって一向に結論が出ないな、というとき、それらはすべて「部屋が片付いていないせい」だと思い込むようにしましょう。

「だから、掃除をしよう」、ということです。

それが正しいかどうかはともかく、掃除をしていると、だんだん何かが整理されてきたり、物が減ってきたり、体を動かしたりしているせいで、気持ちがすっきりしてきます。

ときには本当に解決方法を思いつくことも?!

【その5.変身物のTV番組を見る】


変身物、といってもヒーロー番組のことではありません。

ゴミだめの部屋でだらしなく棲んでいるさえない人が、プロの手を借りて、綺麗な部屋を手に入れ、生まれ変わる番組というのがあります。

そういったTV番組を録画したり、インターネットで探して、いくつかストックしておきましょう。

やる気がないときでも、それらを見ていると、片付けたくてうずうずしてくると思います。

そうなったら、番組の途中でもすぐに立ち上がりましょう。

片付け上手な人の具体的なスキルも参考になります。

【その6.言い訳はデブのもと】


きつい言葉ですが、「今は~~だから○○できない」「私はこれが苦手だからできない」といって何かを言い訳する言葉を、ダイエットに置き換えて想像してみましょう。

「今日は忙しいから食事制限はできない」「私はストレッチが苦手だからできない」「今日くらい運動をやらなくても」・・・ああ、これでは太ってしまっても仕方がない・・・と思いませんか?

お掃除のやる気が出ないのも、すでに心に脂肪がついてしまっているのかもしれません。

そこで!そういった言い訳はデブのもと、として封印し、何かをやらなきゃと思ったら言い訳を考える前に体を動かし始めるようにしましょう。

【その7.テーマ曲】


やる気を出すには音楽にたよるのもGood!

もちろんお気に入りの曲ならなんでもよいですが、アップテンポなノリのいい曲がおすすめです。

「ガッツだぜ!」「リンダリンダ」「ミッションインポッシブル」「特攻野郎Aチーム」のように、お掃除をミッションとして楽しくしてくれる曲はたくさんあります。

B’zの「Love Phantom」は、冒頭の歌詞がお掃除向きでお気に入りという人も多いようです。

小学校のときに、お掃除の時間に流れていた音楽なども良いと思います。

 

まとめ

苦手なお掃除をやる気になる簡単実践7つのアイデア!

【1.一番最初に手をつけることを決めておく】
 「必ずこれから手をつける」ことを決めておくこと。
  そんな最初の一歩を決めてみましょう。

【2.紙に作業リストを書く】 
 「本日のミッション」として最低限やりたいことを紙に書き出します。
ひとつの作業をすませたら、太いペンや赤ペンでザシュッと線を引いて「終わった」感を味わいましょう。

【3.きれいな部屋を思い出す】
 一度部屋がきれいになったときに、その状態を写真にとっておきましょう。
綺麗な時にはこんなだったというのを画像で確認すると、やる気が出ますよ。

【4.ぜんぶ掃除のせい】
 たとえば仕事に集中できないな、とか色々グタグタ悩んでしまって一行に結論が出ないな、
というとき、それらはすべて「部屋が片付いていないせい」だと思い込むようにしましょう。

【5.変身物のTV番組を見る】
 プロの手を借りて、綺麗な部屋を手に入れ、生まれ変わる番組というのがあります。
そういったTV番組を録画したり、インターネットで探して、いくつかストックしておきましょう。
片付け上手な人の具体的なスキルも参考になります。

【6.言い訳はデブのもと】
 お掃除のやる気が出ないのも、すでに心に脂肪がついてしまっているのかもしれません。
何かをやらなきゃと思ったら言い訳を考える前に体を動かし始めるようにしましょう。

【7.テーマ曲】
 やる気を出すには音楽にたよるのもGood!
もちろんお気に入りの曲ならなんでもよいですが、アップテンポなノリのいい曲がおすすめです。

いかがでしたか?

苦手なお掃除をやる気になる方法、ひとつでもいくつでも、是非ためしてみてくださいね!




ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind