衣類の整理整頓と収納7つのアイデア! -忙しい主婦も簡単実践-

やる気

流行は移り変わり、シーズンごとに新しい衣類が増えていきますね。

いつの間にか、クローゼットがパンク状態になってしまって、どこにどの服を片付けているか、わからなくなっていませんか?

毎日、風のコーディネートをするときに「あの服、どこに片付けたっけ?」と探し回るのはストレスになってしまいますね。

どんな衣類があるか、一目でわかること。

お気に入りの服が取り出しやすく、コーディネートしやすいこと。

それが理想の衣類収納です。

実は、衣類を理想的に収納することは難しいことではありません。

ちょっとした工夫で衣類を使いやすく整理整頓することができるのです。

今回は、忙しい主婦も簡単にできる、衣類の収納アイデアを紹介します!

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、衣類の整理整頓と収納7つのアイデア! -忙しい主婦も簡単実践-についてお伝えします。


衣類の整理整頓と収納7つのアイデア! -忙しい主婦も簡単実践-

 

【その1.衣類の量を把握する】


皆さんは、ご自分がどれだけ衣類を持っているか把握できていますか?

新しい洋服を買うのは、とても心がときめくものです。

シーズンごとに新しい服で気分をリフレッシュする人も多いですね。

そうやって増えた衣類、毎シーズン全部着るわけではありません。

着ない服を置いておくのは、収納場所の無駄遣いです。

思い切って衣類を処分しましょう。

本当に着たい服、着る服だけを選んで、要不要に分けていきましょう。

不要な衣類は、リサイクルショップを利用したり、フリーマーケットやオークションなどで、行き先を決めるとよいですね。

少し面倒な作業ですが、衣類の量を把握する作業をするだけで、毎日の整理整頓が簡単にできるようになります。

【その2.収納場所を決める】


収納場所を工夫することも整理整頓の大切な要素です。

自分の選びやすいカテゴリ別に分けましょう。

色別
種類別
普段着とおしゃれ着

自分がわかりやすいようにカテゴリ別に分類しましょう。

脱いだ服はほこりを払って、風を通して決めた場所に片付ける。

毎日洗濯した服は、決めた場所に片付ける。

それだけのことで、衣類が迷子になってしまうことがなくなります。

そのためには収納場所を使いやすい場所に決めることが大切なのです。

整理整頓は、一度片付けたら完了…というわけではありません。

何度でも、自分の使いやすいようにどんどん変えていくといいですね。

【その3.かける】


収納で一番簡単なのは「かける収納」です。

洗濯をして、ハンガーにかけて干し、乾いたらそのままクローゼットにかける…とても簡単ですね。

クローゼットに衣類をかけるスペースがある人にはお勧めです。

ちょっと余裕がないな…とい場合には、ハンガーにひと工夫しましょう。

S字服を使って、ハンガーの高さが互い違いになるようにかけると、衣類が幅をとらず、たくさん書けることができます。

かける収納は、よく着る衣類は手の届きやすいところ、あまり着ない服は奥の方にかけると、使いやすいですね。

【その4.ハンギングラックを使う】


ハンガーラックに余裕のある人にはお勧めです。

ポールにかけて使えるボックス型のハンギングラックを上手に使いましょう。

よく着るシャツやTシャツを畳んでラックに収納します。

スカーフなどもハンギングラックに畳んで入れておくと、ハンガーにかかっている衣類とコーディネートしやすく収納することができます。

【その5.立てる】


衣類を畳んで引き出しに収納する時、どのように片付けていますか?

引き出しの中で積み重ねると、下の方に片付けた衣類は取り出しにくく目に付きにくいですね。

目につかない衣類があると、持っていることを忘れてまた同じようなものを買ってしまうことがあります。

それは、お金も収納場所も無駄にしてしまうことになります。

畳んで片付ける衣類は、立てて収納するのが便利です。

引き出しの高さに合うように畳んで、立てて入れるようにしましょう。

倒れてしまうときには、ブックエンドなどを使って仕切るときれいに片づけられます。

よく着るものは引き出しの手前に、あまり出番のないものは奥に入れるようにします。

色別、形別に、使いやすいように収納してくださいね。

【その6.仕切りやケースを使う】


肌着や靴下のように小さくて行方不明になってしまいがちなものは、小さなます目状に仕切りをつけたり、小分けに出来る収納ケースを使うと便利です。

色別、形別に仕切りをつけて収納すると、その日のファッションに合わせてさっと選ぶことが出来て便利ですね。

靴下も、対になるものを合わせてクルクル巻いて仕切りの中に収納すると、片方が行方不明になってしまった!というような困ったことが起こりにくくなります。

【その7.月に1度は総チェックする】


衣類をきっちり整理整頓、収納でできていても、月に1回はチェックしてみてください。

月に1回のチェックの時に、傷んだものはないか、ボタンが取れているものはないか見て、修繕が必要なものは修繕をします。

また、新しいコーディネートを試してみたり、新しい服を買おうと思っているときには、手持ちの服で組み合わせが出来るかどうか、チェックする機会にもなりますね。

 

まとめ

衣類の整理整頓と収納7つのアイデア! -忙しい主婦も簡単実践-

【1.衣類の量を把握する】

 本当に着たい服、着る服だけを選んで、要不要に分けていきましょう。

 衣類の量を把握する作業をするだけで、毎日の整理整頓が簡単にできるようになります。

【2.収納場所を決める】 
 
 収納場所を工夫することも整理整頓の大切な要素です。

 自分の選びやすいカテゴリ別に分けましょう。

【3.かける】
 
 収納で一番簡単なのは「かける収納」です。

 よく着る衣類は手の届きやすいところ、あまり着ない服は奥の方にかけると、使いやすいですね。

【4.ハンギングラックを使う】
 
 ハンガーラックに余裕のある人にはお勧めです。

 ポールにかけて使えるボックス型のハンギングラックを上手に使いましょう。

【5.立てる】
 
 畳んで片付ける衣類は、立てて収納するのが便利です。

 引き出しの高さに合うように畳んで、立てて入れるようにしましょう。

【6.仕切りやケースを使う】
 
 肌着や靴下は、小さなます目状に仕切りをつけたり、小分けに出来る収納ケースを使うと便利です。

 色別、形別に仕切りをつけて収納すると、その日のファッションに合わせてさっと選ぶことが出来て便利ですね。

【7.月に1度は総チェックする】
 
 衣類をきっちり整理整頓、収納でできていても、月に1回はチェックしてみてください。

 衝動買いを減らすことができます。

いかがでしたか?

毎日着る衣類。ちょっとした工夫で、片付けやお手入れをしやすくなります。

整理整頓がきっちりできていると、どんな服を持っているかしっかりと把握できます。

新しい服を買うときにも手持ちの服とのコーディネートを考えることができ、衝動買いを避けることができます。

上手に整理整頓、簡単収納で、毎日のコーディネートを楽しんでくださいね。




ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind