食器が増えても大丈夫!魅力的な食卓につながる食器収納5つの方法

食器

家族の人数や料理に合わせてどんどん増える食器類。

食器棚の中でごちゃごちゃになってしまっていませんか?

食卓を準備しているときに、

「あのお皿を使いたいんだけど、どこに片付けたっけ?」

「あの器を使いたいけど、ずいぶん奥に片付けたから、出すのが面倒だわ」

・・・ということは日常のシーンでありがちです。

使いたい食器が使いたい時に取り出せる。

そういう食器の収納をしていると、料理するのが楽しくなり、素敵な食卓を演出できます。

どうやったら使いやすく、きれいに整理できるのでしょう?

今回は、食器を使いやすく収納するコツについてまとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、食器が増えても大丈夫!魅力的な食卓につながる食器収納5つの方法についてお伝えします。


食器が増えても大丈夫!魅力的な食卓につながる食器収納5つの方法

 

【その1.分類する】


さて、質問です。

食器がどれくらいあるかご存知ですか?

食器の片付けは、どんな食器がどれくらいの量あるか、把握するところから始めましょう。

持っている食器の種類や数がわかったら、今度は「分類」します。

皆さんは食器をどのように分類していますか?

種類別?

大きさ別?

分類の方法はいろいろありますが、お勧めなのは「使用頻度での分類」です。

普段使いの食器と、来客用・パーティなどイベントの時に使う食器は区別して収納します。

普段使いの食器は取り出しやすい場所に置きます。

食器棚の真ん中あたりから下の段に入れると、目線と手が届きやすく、普段の家事の動線が滑らかになります。

【その2.棚板を活用する】


食器の量が多いと、ついつい違う種類のものを重ねて収納しがちです。

特に、お皿類は大きなものに小さなものを重ねて片付けている方も多いでしょう。

それだと、大きなお皿を取り出すときに小さなお皿をよければならず、ひと手間かかってしまいます。

棚板を上手に使うと、収納スペースを有効に使えます。

収納するものの高さに合わせて棚板の高さを調節するとよいですね。

棚板の高さを合わせていくと、思いがけない「隙間」が出来る場合もあります。

隙間の有効利用には便利グッズがお勧めです。

食器棚の棚板の高さを二分してくれる「コの字ラック」は隙間を棚にしてくれて、収納スペースを増やしてくれる優れモノです(商品詳細は画像をクリック)。

 

【その3. 引き出し収納を活用する】


また、奥行きのある場所には、かごを使った引き出し収納が便利です。

小皿やお椀など、小ぶりな食器は四角いかごに並べて入れて置きます。

使いたいときには引き出しごと出すと、どこに何があるか一目瞭然で、取り出しやすいです。

コの字ラックやかごは、プラスチックの物、ワイヤーの物、自然素材のもの、色々な種類があるので、お家の雰囲気やお好みに合わせて選ぶと楽しいですね。

スプーンやフォーク、お弁当グッズなど、小物用の引き出しもごちゃごちゃしがちです。

引き出しの中は細かく仕切りをして、カトラリーの種類や小物の種類別に分けると便利です。

「ない」と思って買ってきたら、まだあった・・・なんて失敗がなくなります。

【その4.出番の少ない食器を収納する】


さて、普段用の食器の場所が決まったら、次は出番の少ない食器の収納です。

普段あまり使わない来客用やイベント用の食器は、軽いもの・重いもので区別しましょう。

小ぶりで軽いものは、目の届きにくい上の方の段から収納していきます。

上の方に片付けると、取り出しにくくなるので、プラスチックケースなどを使って収納すると使いやすくなりますね。

プラスチックケースの中でも、取っ手の付いたものを使うと、さらに取り出しやすく便利です(商品詳細は画像をクリック)。


来客用や特別な料理用の食器の中には重たくて大ぶりなものがあります。

そういった物を上段に置くと、普段取り出すときはもちろんですが、地震などの時にも事故やケガの元になります。

そういったものは、下段の扉の中などに片付けましょう。

【その5.錯覚とイメージを利用】


扉がガラスの食器棚の場合は、食器棚の中をすっきりと見せたいものです。

そういうときには錯覚とイメージを利用してみませんか?

目線の高さの棚に、圧迫感のないガラス食器や、ティーカップのセットなど形のそろったものを収納すると、不思議と食器棚全体がすっきりと片付いて見えます。

このように片付けていくと、食器に「定位置」が出来ます。

この定位置を決めて片付けると、整理整頓された食器棚がキープできるはずです。

ここまで、増えていく食器の定位置を決める片付けについて紹介しましたが、食器棚を使いやすく整理整頓する一番のコツは「食器を増やさない」ことです。

数が増えていくと、当然片付ける場所がなくなってしまいます。

食器を買いたくなったら、「他の似たようなもので代用できないか?」「出番はあるか?」、ちょっと手を止めて考えてみましょう。

そうやって選んで購入すると、自然に、お気に入りで出番が多く、食器棚を開けるのが楽しくなるような食器が集まってくると思いますよ。

また、よ~く選んで買ったお気に入りの食器を使うと、さらに楽しく食事を楽しめること、うけあいです!
 

まとめ

食器が増えても大丈夫!魅力的な食卓につながる食器収納5つの方法

【1.分類する】
 分類の方法はいろいろありますが、お勧めなのは「使用頻度での分類」です。
 普段使いの食器と、来客用・パーティなどイベントの時に使う食器は区別して収納します。

【2.棚板を活用する】
 棚板を上手に使うと、収納スペースを有効に使えます。
 収納するものの高さに合わせて棚板の高さを調節するとよいですね。
 コの字ラックなどの便利グッズを使うのもいいですね。

【3. 引き出し収納を活用する】
 奥行きのある場所には、かごを使った引き出し収納が便利です。
 引き出しの中は細かく仕切りをして、カトラリーの種類や小物の種類別に分けると便利です。

【4.出番の少ない食器を収納する】
 普段あまり使わない来客用やイベント用の食器は、軽いもの・重いもので区別しましょう。
 小ぶりで軽いものは、目の届きにくい上の方の段から収納していきます。
 重たくて大きなものは、下段の扉の中などに片付けましょう。

【5.錯覚とイメージを利用】
 扉がガラスの食器棚の場合は、食器棚の中をすっきりと見せたいものです。
 目線の高さの棚に、圧迫感のないガラス食器や、ティーカップのセットなど形のそろったものを収納すると、不思議と食器棚全体がすっきりと片付いて見えます。

いかがでしたか?

お気に入りの食器に囲まれて、楽しく食事を楽しむととっても幸せな気持ちになります。

ちょっとした工夫で生活を豊かにしていきましょう!



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind