食器の収納が楽しくなる5つの方法 -楽しい気分で心も豊か!-

スライド 1
ご飯を食べて、お腹いっぱいになって、ゆっくりしたい、でも食器を洗って片付けなきゃ…。

食器の片付けは毎日のことだからこそ、少しでも楽しい気分になれたら素敵ですね。

今回はそんな食器の収納について、楽しくなるような方法をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、食器の収納が楽しくなる5つの方法 -楽しい気分で心も豊か!- についてお伝えします。


食器の収納が楽しくなる5つの方法 -楽しい気分で心も豊か!-

 

【方法1.まずは食器をグループ分け】


棚に置いた食器が何となく雑然として見える、そんな場合は、まず食器のグループ分けをしましょう。

大きさ、高さ、和風か洋風か、漆器かガラスか、などいろんな分け方があると思います。

基本的には、自分の手が届きやすい高さに、一番よく使う食器を置いておくと作業が楽です。

お茶碗やカップなど頻繁に使うものだけ別の小さい食器入れに分けて、取り出しやすい場所に置いておくのもひとつの方法です。

重い食器は高いところよりも低いところに置くようにしましょう。

また、スペースを有効利用するには、食器の高さによる分け方が有効です。

棚の高さも食器の高さを基準にすると、見た目もすっきりするし、使いやすくなります。

【方法2.食器棚シート】


食器棚シートを使うと、棚に食器をおいたときに、ガチャガチャと音がしたり、棚板に傷がつくのを防げますし、防臭や抗菌効果のあるものもあり、使っている人は多いと思います(サンプル詳細は画像をクリック)。




このシート、毎日使っているうちに、だんだんズレてくることがあります。

敷きズレを防ぐには、シートをピンなどで固定してもよいですが、「マスキングテープ+両面テープ」という技もあります(サンプル詳細は画像をクリック)。




これは、貼りたい場所にあらかじめマスキングテープを貼っておき、その上に両面テープを貼って、シートを固定するのです。

そうすると、あとでシートを取り換えるときに剥がしやすくなります。シートだけでなく、壁紙もこの要領で貼ることができます。

市販の食器棚シートにも可愛いパターンのものがたくさんあって楽しいですが、好きな柄の布や手ぬぐいなどを利用するのも手です(サンプル詳細は画像をクリック)。


敷物を使って、洋食器コーナーと和食器コーナーの雰囲気を変えるのも素敵ですね。

また、布製品だとときどき洗ってくりかえし使うこともできます

【方法3.ケースやカゴの活用】


フォークやお箸などの小さいものは、それぞれ小分けにしておいたほうが探すときに便利ですので、引き出しに仕切りを入れるなどして、それらをしまっている人が多いと思います。

せっかくですので、そのケースもちょっと工夫してみてはいかがでしょう。

見た目をスッキリさせるには、同じ大きさや形のものをそろえて、並べて使うことです。

色を変えてみても楽しいですね。

また、棚の高いところや低いところにまとめた食器を取りたいとき、ただそれらを重ねているだけだと取り出す手間がかかって大変ですよね。

そういう場所にこそ、丈夫なプラスチックケースやカゴを使ってみましょう。

高いところに置く時は、たくさん食器を入れてしまって重くなりすぎないように気をつけてください。

【方法4.小さな遊び】


お茶はわたしたちの生活に大切な潤いを与えてくれます。

茶器やコーヒーカップなどを収納するコーナーを自分の部屋やリビングに設けると、お茶をいれるのがぐっと楽しくなります。

和食器は形も素材も様々なことが多いですが、無理に重ねて傷がついたら困りますね。

そこで、もし、半端な大きさで使い道に困るような古布(こぎれ)や、可愛い柄の手ぬぐいなどがあれば、重ねる和食器の間に挟んでおきましょう。

食器棚の中に空きスペースがあると、つい小物などを置いてしまいたくなりますが、慌てているとこういった小物がアクシデントのもとになります。

ワレモノを出し入れする場所ですので、なるべく動きが遮られないようにしておきましょう。

【方法5.棚におかない収納】


ティーカップやガラス製品などは、ぶら下げて収納するのもカフェやバーみたいでオシャレですよね。

あの収納道具は、グラスハンガーとかグラスホルダーと呼ばれるものです(サンプル詳細は画像をクリック)。


とくにビアグラスやワイングラスは丁寧に洗ってしっかり乾燥させることで、飲み物の味もちがってきますので、グラスハンガーに逆さぶらさげておくのは理にかなっているかも。

家具などにネジで備え付けるタイプと、スタンドのようにおけるタイプがあります。

まとめ

食器の収納が楽しくなる5つの方法 -楽しい気分で心も豊か!- 

【方法1.まずは食器をグループ分け】
 大きさ、高さ、和風か洋風か、漆器かガラスか、などグループ分けをしましょう。

【方法2.食器棚シート】
 食器棚シートを使うと、棚に食器をおいたときに、ガチャガチャと音がしたり、棚板に傷がつくのを防げます。

【方法3.ケースやカゴの活用】
 丈夫なプラスチックケースやカゴを使って整理しましょう。

【方法4.小さな遊び】
 心がなごむものを置いたり、スペースにゆとりをもたせましょう。

【方法5.棚におかない収納】
 ティーカップやガラス製品などは、ぶら下げて収納するのもいいですね。


いかがでしょうか?

このほかにも、備え付けの引き出しに収納するタイプや、作りつけの棚に食器をならべて見せる収納にするなどいろんな方法があります。

毎日のことなので、ラクに、楽しく収納できるよう、ぜひ工夫してみてくださいね!



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind