100均インテリアでほのぼの家族!簡単実践7つのアイデア!

100_4

インテリアにあまりお金をかけたくない、でも家族が楽しめるようなお部屋にしたい。

そんな人の強い味方が100円均一グッズ。

100均グッズをそのまま使ってももちろん便利です。

さらに、そこにちょっとひと手間くわえて、我が家だけのインテリアを簡単に手に入れることもできます。

森泉さんですっかり有名になった100均インテリア。

今回は、インテリアに100均グッズを活用するためのアイデアについてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、100均インテリアでほのぼの家族!簡単実践7つのアイデア!についてお伝えします。


100均インテリアでほのぼの家族!簡単実践7つのアイデア!

 

【1.写真立てを改造してみよう】

 
100均ショップで売られている木製の写真立て。

使いたいけど何だか安っぽいなあ、とか、自分の勝手よく飾りたいなあ、と思ったことはありませんか?

写真立てはたいてい柔らかい合板でつくられているので、自分の好きなところに蝶番をつけたり、紐を通すための金具を付け替えたりするのはとっても簡単です。

蝶番だけ追加で買ってきて、複数のフォトフレームをつなぎ合わせれば、家族のさまざまなショットをおしゃれに並べて飾ることもできます。

新たにビスをつけるときには、長さに気をつけましょう。

またほかの家具類や壁紙に合うような色に塗りなおしたり、デコレーションするのも楽しいものです。

既に色がついていたり、ツヤがあるものは、まず紙やすりをしっかりかけて、表面の塗装を落とすと、新しい色を塗るときにノリがよくなります。

【2.ランチョンマット】

 
ランチョンマット、使ってますか?

テーブルを傷つけないようにしたり、音を立てにくくするといった役割はもちろんあります。

それ以外にも食器の下に視覚的な区切りをつくることで、ただお皿を置くだけよりも不思議とぐっと楽しくなります(商品サンプルは画像をクリック:100均グッズではありません)。


さらにひとりぶんの食事の適量を把握しやすくなる、といった効用があります。

そして食器の下に敷くものですから、是非とも洗い替えが欲しいもの。

100均ショップのランチョンマットなら、何枚も購入してもリーズナブルですし、シンプルなものをちょっとリメイクして、我が家流にしてしまうのも楽しそうです。

【3.お手軽カフェカーテン】

 
おうちの小窓やキッチンの窓にカフェカーテンをあしらうのは最近好まれているようです(商品サンプルは画像をクリック:100均グッズではありません)。


可愛らしいというのも勿論ですが、自分で簡単に設置できるのもおそらく理由のひとつでしょう。

100均ショップにあるつっぱり棒と、ハギレで簡単に自作できます。

布の端をまつって処理して、穴をあけてつっぱり棒を通してもよいですし、紐付きクリップを棒に通してクリップで布を挟むだけでも素敵なミニカーテンになります。

【4.壁掛けフック】

 
帽子やバッグなどを壁にかけておきたい、そしてできればフックどうしの幅は好きなようにカスタマイズしたい、というときにも100均グッズは強い味方になるでしょう。

ネットを壁に設置して、そのフックを家族の分だけ取り付けたり、板を加工してフックを取り付けて、自分だけの壁掛けフックを造ってしまうのも素敵です。

最近は100均ショップでもDIY用品をいろいろ取り扱っています。

ただし、フックの耐荷重量のところは良くチェックしてから購入しましょう。

【5.ガラスの瓶をインテリアに】

 
ガラス瓶もさまざまなインテリアに活用できます。

ソーイングセットを入れてそのまま並べてインテリアにしたり、キッチンの小物や調味料を入れたり。

そのままだと中身が分かりづらいですし、見た目にもさみしいので、マーカーで絵をかいたり、ラベルを貼ったり、マスキングテープなどでデコレーションして可愛くして使うのがおすすめです。

【6.おそろいの箱に名前をつけて】


同じケース類をたくさん揃えたいときにとっても便利な100均ショップ。

同じケースで揃えれば見た目に統一感があり、整頓もしやすく、重ねやすいなどメリットはたくさんあります。

一方で、どれが何を入れるものだか、家族全員がすぐにわかるようにしておいたほうが使い勝手はよいですね。

そのためにはラベルをつければもちろん分かりやすいですが、そのほかにも、家族のそれぞれが自分の色を決めてその色をつかったり、イニシャルのシールを貼ったり、自分のマークを描きこんだり、といった方法があります。

【7.いつものプラスチックカゴをリメイク】


100均ショップの定番商品、プラスチックのカゴ類。

何かと便利なものですが、なんとなくチープな質感だなあ、ちょっとなあ、と感じる人は少なくないでしょう。

カゴのリメイク方法として、塗装や紐の編み込みなどがあります。

塗料は用途によってはアクリル絵の具など耐水性のものを選んだほうがよいでしょう。

紐やリボンの編み込みは、ちょっとコツが必要ですが、編みかたを覚えれば、複数のカゴを合体させることもできて便利ですよ。

 

まとめ

100均インテリアでほのぼの家族!簡単実践7つのアイデア!

【1.写真立てを改造してみよう】
 100均ショップで売られている木製の写真立て。
 蝶番だけ追加で買ってきて、複数のフォトフレームをつなぎ合わせれば、家族のさまざまなショットをおしゃれに並べて飾ることもできます。

【2.ランチョンマット】
 100均ショップのランチョンマットなら、何枚も購入してもリーズナブルですし、シンプルなものをちょっとリメイクして、我が家流にしてしまうのも楽しそうです。

【3.お手軽カフェカーテン】
 100均ショップにあるつっぱり棒と、ハギレで簡単に自作できます。
 布の端をまつって処理して、穴をあけてつっぱり棒を通してもよいですし、紐付きクリップを棒に通してクリップで布を挟むだけでも素敵なミニカーテンになります。

【4.壁掛けフック】
 ネットを壁に設置して、そのフックを家族の分だけ取り付けたり、板を加工してフックを取り付けて、自分だけの壁掛けフックを造ってしまうのも素敵です。
 最近は100均ショップでもDIY用品をいろいろ取り扱っています。

【5.ガラスの瓶をインテリアに】
 ガラス瓶もさまざまなインテリアに活用できます。
 そのままだと中身が分かりづらいですし、見た目にもさみしいので、マーカーで絵をかいたり、ラベルを貼ったり、マスキングテープなどでデコレーションして可愛くして使うのがおすすめです。

【6.おそろいの箱に名前をつけて】
 同じケース類が増えると、家族全員がすぐにわかるようにしておいたほうが使い勝手はよいですね。
 ラベルをつければもちろん分かりやすいですが、そのほかにも、家族のそれぞれが自分の色を決めてその色をつかったり、イニシャルのシールを貼ったり、自分のマークを描きこんだり、といった方法があります。

【7.いつものプラスチックカゴをリメイク】
 カゴのリメイク方法として、塗装や紐の編み込みなどがあります。
 塗料は用途によってはアクリル絵の具など耐水性のものを選んだほうがよいでしょう。
 紐やリボンの編みかたを覚えれば、複数のカゴを合体させることもできて便利ですよ。

いかがでしたか?

100均グッズはそのままでも勿論役に立つことがいっぱいですが、いろいろなリメイクをほどこして世界にひとつしかないインテリアに造り変えることもできます。

自分の家に合った100均インテリア、あなたも試してみませんか?



ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

Speak Your Mind