忙しいOLも週末にできる簡単スッキリ片づけのコツ5つのポイント

OL
OLは平日は終日働き、週末の休日も友達付き合い、デートや趣味のために時間を費やし、お部屋の片づけをする時間はなかなかありません。

しかし時間がないからと、部屋を汚いままにしておくと、友達や彼氏をいつでも部屋に呼ぶことができませんし、部屋の中で探しものが見つからなかったり、ゆっくりとくつろぐことができなかったりと良いことはありせん。

そこで、今回は忙しいOLも週末にできる簡単スッキリ片づけのコツ5つのポイントについてまとめてみました。

どれも簡単なポイントばかりですので、忙しい人でもすぐにできます。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、忙しいOLも週末にできる簡単スッキリ片づけのコツ5つのポイントについてお伝えします。 続きを読む…

とっても簡単!お部屋スッキリCD収納5つのポイント

CD CASE
CDは、生活の様々なシーン・気分にマッチした音楽を提供する、大切なグッズです。

リビングや寝室など、自宅の各所で、手軽に音楽を楽しめれば、生活に潤いが増すものです。

ただ、「コンパクト」ディスクとはいえ、年々増えていき、また、そう簡単に処分することができないものです。

しかも、CDは、聴きたい音楽をすぐに・手軽に流すことができるという点が最大の魅力・利点であるため、見えないように収納しておき、必要に応じて登場させるグッズとは一線を画しています。

CD収納のポイントは、聴きたい音楽をすぐに聴けるように、機能的に収納することです。

さらに、CDの顔とも言えるジャケットのデザインを、インテリアに取り入れるように収納することで、視覚的にも楽しむことができます。

今回はCD収納のポイントについて、まとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、とっても簡単!お部屋スッキリCD収納5つのポイントについてお伝えします。 続きを読む…

お部屋がスッキリする簡単CDの収納5つのアイデア

cd
好きなアーティストのCDを集めていたら、いつの間にか増えてしまった…というCDの山。

ケースに入らず、棚にも入らず、部屋にあふれて雪崩起こしていませんか?

大きさもジャケットのテイストもそろったCDだったら、片付けるのも割と楽。

でも、初回限定盤だったり、アーティストのこだわりだったりで、パッケージの大きさがばらばらだったり、みなさんCDの収納にはお悩みの様子。

「お、これはぜひ真似してみたい!!」と思うような素敵に工夫を凝らした収納の方法についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、お部屋がスッキリする簡単CDの収納5つのアイデアについてお伝えします。 続きを読む…

忙しいOLも週末だけでの断捨離でスッキリ開運5つの方法

断捨離_fig

モノを溜めむ人のことを、英語ではpack rat(パック・ラット)と言います。

これは、飢餓に備えて物を貯めこむネズミのようだ、ということです。

ひょっとしたら人においても本能的な性質なのかもしれませんね。

でも、物が多すぎると、掃除もしにくいし、物が探しにくいし、同じものを2回買ってしまったり、見た目にもなんだか落ち着かなかったり。

無駄な時間、手間、出費、あまりスマートな暮らしとは言えませんね。

今回は「断捨離(だんしゃり)」を通じて、楽なお掃除とシンプルな生活を手に入れる方法をまとめてみたいと思います。

そもそも、「断捨離」って何でしょう?何だか仏教用語みたいな響きですね。

しばらく前からテレビや書店でこの断捨離ということばを見かけるようになりました。

これは、やましたひでこさんが提唱された考え方で、文字どおり、いらないものを「断つ」「捨てる」「離れる」を実践しよう、というものです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


それでは、今回は、忙しいOLも週末だけでの断捨離でスッキリ開運5つの方法についてお伝えします。 続きを読む…

とっても簡単!断捨離効果と4つの開運ポイント

027221

最近、お掃除本や、整理本が人気ですね。

本屋さんでも、お掃除本コーナーを設置してあるほど、沢山の整理本があります。

反対に、片づけられない症候群やら、汚部屋などという言葉も耳にするようになりましたね。

その中でも一際よく聞くようになった、断捨離についてご存知ですか?

もともとはヨガの「断行」、「捨行」、「離行」という考えから、 人生や日常生活に不要な物を断つ、また捨てることで、物への執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようというものですね。

言葉だけだとなんだかむつかしい・・・って思うかも知れませんが、やってみると案外簡単ですよ。

とっても開運効果もありますので、めんどくさい・・・なんて思わずに、実践してみてくださいね。


まずは、言葉の確認から、 続きを読む…