キッチン流し台の掃除で気分スッキリ!5つのポイント

さぁ、ご飯の支度をしよう!とキッチンに立った時、散らかしっぱなしで汚れた流し台だと、やる気がしぼんでしまいます。

おいしい料理を作るには、すぐ料理に取り掛かれるいつもきれいな流し台が必要なんですね。

でも、流し台をきれいにキープしておくのって、なかなか難しいですよね。

汚れた食器に、料理の残骸…
それを片付けても、何だか汚れているような気がしてすっきりしないということありませんか?

ちょっとしたコツで、きれいな流し台をキープする方法があるんです。

キッチン流し台の掃除で気分をすっきりさせる5つのポイントを紹介します。

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、キッチン流し台の掃除で気分スッキリ!5つのポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

キッチン流し台の掃除で気分スッキリ!5つのポイント

【その1.出来るだけ物をおかない】

片付けの基本は「物を出さない」ことです。

それは流し台も同じです。

流し台の中に、三角コーナーや洗剤容器、スポンジをおいたままにしていると、汚れがたまりやすく、ごちゃごちゃします。

出来るだけ流し台の中に物をおかないことがすっきりさせるポイントです。

でも、三角コーナーは便利なので使いたい…という人も多いですね。

その場合には三角コーナーのデザインをシンプルで掃除しやすいものにしてみましょう。

作業が一段落するごとにゴミを処分すると、汚れをためずに済みますね。

三角コーナーを使いたくない人は、ゴミ袋をセットして使うゴミ袋ホルダー(詳細は画像をクリック)が市販されています。

使わないときは畳んで片付けられるので、流し台のスペースをとらずに済みます。

洗剤やスポンジもホルダー(詳細は画像をクリック)を使って収納すると、掃除がしやすいですね。

【その2.「ついで洗い」する】

「汚れたなぁ」と感じてから掃除をすると、汚れを落とすのが大変で億劫ですね。

流し台は「ついで洗い」をすると、すっきり感をキープできます。

料理が一段落して調理器具を洗うとき、食器を洗うとき、作業の一番最後に流し台をさっと洗います。

このひと手間で、流し台をいつもきれいにキープできます。

流し台用に、古いスポンジをひとつ準備しておくといいですね。

食器洗いのスポンジが古くなったら、流し台用に下ろし、食器洗い用にはいつもきれいなスポンジを使うと、すっきり無駄になりません。

【その3.流し台を磨く強い味方】

ステンレスの流し台は、毎日洗っていてもくすんできます。

くすんでいると薄汚れて見えてきますね。

クレンザーなどで磨くのも一つの方法ですが、汚れ落としと消臭、同時に出来る便利グッズがあります。

それは「重曹」と「クエン酸」です。

重曹を流しにふりかけ、その上からクエン酸液をスプレーします。

すると、シュワシュワ泡だって、汚れを浮かせてくれます。

汚れが浮いたところをスポンジで軽くこすりましょう。

くすみがきれいに落ちて、ツヤツヤのステンレスが現れます。

クエン酸の代わりに酢を使っても、効果は同じです。

さっと流した後は、数時間そのまま置くと、重曹とクエン酸の効果で排水溝の消臭もできて一石二鳥ですよ。

【その4.水分を拭きあげる】

流し台にポツポツ白いうろこのような汚れが付いていませんか?

白い汚れは水道水の中に含まれているカルシウム分が固まったものです。

この汚れは重曹に少量の水を加えたもので磨くときれいに落とすことができます。

そしてそれがうろこ状になっているのは、流し台に残った水滴で跡がついてしまっているからなのです。

うろこ汚れをつけないためには、水滴を残さないことが大切なのです。

とはいえ、毎回毎回拭きあげるのは大変ですね。

水滴を放置する時間が長いのは、キッチンを使わない夜の間です。

一日の終わりに、使い終わった手拭きタオルなどでしっかりと拭きあげましょう。

水滴を長時間放置しないことで、ツヤツヤピカピカの流し台をキープできます。

【その5.ワックスでツヤツヤ仕上げ】

ステンレスの流し台は毎日きれいに使っていても細かい傷で曇ってきます。

そして、その小さな傷に汚れが入り込み、曇りを増幅させ流し台を傷めるもとになってしまいます。

ステンレスの細かい傷をカバーすると、艶が出て、しかも汚れにくくなるのです。

その細かい傷をカバーするのがワックスです。

ワックスというと、車に使うもの…というイメージがありますが、流し台用のワックス(詳細は画像をクリック)も市販されています。

細かい傷をカバーして、汚れをつきにくくしてくれる便利グッズですね。

きれいに洗って水分を拭き取った後、ワックスをかけておくと、光沢のある流し台をキープすることができますよ。

まとめ

キッチン流し台の掃除で気分スッキリ!5つのポイント

【1.出来るだけ物をおかない】
片付けの基本は「物を出さない」ことです。
出来るだけ流し台の中に物をおかないことがすっきりさせるポイントです。

【2.「ついで洗い」する】
料理が一段落して調理器具を洗うとき、食器を洗うとき、作業の一番最後に流し台をさっと洗います。
このひと手間で、流し台をいつもきれいにキープできます。

【3.流し台を磨く強い味方】
「重曹」と「クエン酸」は汚れ落としと消臭、同時に出来る便利グッズ。

【4.水分を拭きあげる】
一日の終わりに、使い終わった手拭きタオルなどで流し台をしっかりと拭きあげましょう。

【5.ワックスでツヤツヤ仕上げ】
ステンレスの細かい傷をカバーすると、艶が出て、しかも汚れにくくなります。

いかがでしたか?

流し台をすっきりさせるには、食器などの汚れものをためないようにするのが一番重要なポイントです。

「後でいいや…」と後回しにすると、汚れが取れにくくなってため息をつくことになってしまいます。

食事のあとはちょっと一休みしたいところですが、そこをぐっと我慢して、食器を洗って、流し台をついで洗いしてしまいましょう。

すると、つぎの食事の支度の時に、すぐ料理に取り掛かることができて、美味しい食事を作ることが出来ますよ。

きれいな流し台で、毎日すっきり、楽しく料理をしましょう!

スポンサーリンク

ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする