知ってて良かった布団のダニが及ぼす3つの影響

布団はアレルゲンがたまりやすい場所と言われています。

ホコリやダニが非常にたまりやすくて、人が長い時間、布団をかぶって寝ることでダニとの接触が生まれてしまいます。

布団の手入れを日頃から行っていないとダニによる影響が人体にも出てしまいます。

特に湿度が高まっている部屋はダニが住みやすい環境になってしまい、布団やカーペット、じゅうたん、クッションなどの中へ侵入してしまいます。

対策としてはそういったダニの死骸や糞が残ってしまうので乾燥機や掃除機を使って綺麗に掃除する必要があります。

特に敷布団や厚手の掛け布団は内部へ侵入しやくすくてダニが住みやすい環境が生まれてしまいます。

特にダニによる影響で多いのが喘息などによるアレルギー性の疾患です。

アレルギーの体質ではない人でも多くのダニの糞や死骸のある部屋で空気を吸っているとアレルギー体質になってしまうケースも出てきます。

特にお子さんは注意が必要で生後3ヶ月ぐらいは非常に敏感な体質で免疫力も弱いため、清潔な部屋で過ごす必要があります。

ダニが繁殖しやすい環境は温度が15℃から35℃、湿度が50%から90%ぐらいです。

いわば人間と同じ環境が住みやすいということになります。

そして、ダニは人間のフケや垢などを食べています。

清潔に保つことが対応策となります。

特にダニがたまりやすい布団は布団を干すだけでは最善の対策とは言えません。

ダニは熱によって死滅します。

そのため、出来れば、布団乾燥機などを購入して高熱に長時間さらすことでダニの死滅させ、最後に掃除機でダニを吸い込むことが理想的な対策といえます。

ダニが及ぼす影響を知ることにより、対策も実践できますね。

今回は、知ってて良かった布団のダニが及ぼす3つの影響を紹介します!

ぜひ参考にして下さいね。


それでは、今回は、知ってて良かった布団のダニが及ぼす3つの影響についてお伝えします。

スポンサーリンク

知ってて良かった布団のダニが及ぼす3つの影響

【その1.皮膚炎】

ダニに刺されることによって人間に出る症状として皮膚炎が挙げられます。

ダニに刺されるとそんなに腫れるわけではありませんが、刺された直後よりもむしろ2日目ぐらいが腫れてきます。

蚊のような強いかゆみが出るというわけではありませんが赤くなったり長い間、跡になってしまったりするケースがあります。

特に、大人よりも子供が刺されるとその反応がより強い傾向があります。

また体質的にアトピー、じんましん、喘息などの経験がある人はより強い反応があります。

こういった皮膚炎の原因はイエダニ類のケースがほとんどです。

【その2.アレルギー喘息】

2つ目にダニによる影響として喘息が挙げられます。

アレルギー喘息を引き起こす原因のダニとして最も多いのがヒョウヒダニと言われるダニです。

このヒョウヒダニの死骸やフンの多い環境だと吸い込むことによって喘息の反応が出てしまいます。

実際にこのショウヒダニを死滅させ、ヒョウヒダニがいない環境を長時間続けることで喘息の症状が治まってくるということが統計で出ています。

普段の掃除はもちろんですが、このダニの減らすためには乾燥機や掃除機などを使って意図的に対策しないとなかなか減らないと言われています。

ヒョウヒダニはとても小さいダニで0.2ミリ程度の大きさと言われています。

寿命は3ヶ月程度です。

ヒョウヒダニの特徴としてはイエダニのように人間の血を吸うことはありません。

そのため人間にはわかりにくい存在です。

ただし、このヒョウヒダニの糞や死骸が吸ってしまうと喘息が起こります。

こういったダニが昔より増加してしまった原因としてエアコンの普及などがあります。

室内の温度が一定に保たれダニが住みやすい環境が一年中、続いていることが考えられます。

【その3.アレルギー性鼻炎】

3つ目にダニの影響として挙げられるものがダニなどによるハウスダストが原因です。

アレルギー性鼻炎はダニや花粉などの影響を受けますが、くしゃみが止まらなくなったり鼻水が水のように滴り落ちることがあります。

室内にダニがたくさん生息してしまうと、このハウスダストが起きます。

清潔な環境を保つことでダニを除去し、鼻炎の原因となるハウスダストを防ぐことができます。

一番の対策は換気をしながら掃除機をかけることです。

カーペットや絨毯はもちろん枕、ソファー、クッションなど人間が直接触れるものは全て掃除機や乾燥機にかけて室内のダニを除去する必要があります。

その際は必ずマスクや眼鏡等をしてできるだけダニの吸い込まないようにして作業した方が良いでしょう。

また掃除だけではなく、日頃から空気をきれいにする必要があるのでできれば空気清浄機などの購入をおすすめします。

今では性能も非常に上がっており、浮遊しているダニや花粉などを吸い込んでくれ、ハウスダスト防止に非常に効果があります。

くしゃみが止まらない方や鼻炎を発症してしまった方などはダニによるアレルギー性鼻炎の可能性があるので一度検討した方が良いでしょう。

まとめ

知ってて良かった布団のダニが及ぼす3つの影響

【1.皮膚炎】
ダニに刺されることによって人間に出る症状として皮膚炎が挙げられます。

大人よりも子供が刺されるとその反応がより強い傾向があります。

また体質的にアトピー、じんましん、喘息などの経験がある人はより強い反応があります。

【2.アレルギー喘息】
ダニによる影響として喘息が挙げられます。

アレルギー喘息を引き起こす原因のダニとして最も多いのがヒョウヒダニと言われるダニです。

実際にこのショウヒダニを死滅させ、ヒョウヒダニがいない環境を長時間続けることで喘息の症状が治まってくるということが統計で出ています。

【3.アレルギー性鼻炎】
アレルギー性鼻炎はダニや花粉などの影響を受けますが、くしゃみが止まらなくなったり鼻水が水のように滴り落ちることがあります。

一番の対策は換気をしながら掃除機をかけることです。

いかがでしたか?

以上三つのダニによる影響を挙げましたが、対策はどれも一緒で空気は清潔に保ち、使用する日用品に掃除機や乾燥機を掛けてダニがいない環境を常に保つことが重要です。

ちなみに布団の天日干しはダニを除去するのには不完全です。

天日干しだけでは布団の内部の温度が上昇せず、ダニが死滅しません。

必ず高温になる乾燥機などを使用して対策する必要があります。

しっかりとダニの対策をして、毎日の健康ライフを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

ブログランキング ぽちっと応援お願いします!
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


掃除・片付け ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする